「制御できない怒り」を感じていたらストレスを疑った方がいいと思う理由【医師転職】

私は仕事でイラッとしたことがあっても、基本的には文句を言ったり、怒ったりといったことはないのですが、臨床医時代、特に退職間際のストレスMAX時は、よく怒っていました。

ベッドコントロールをめぐるいざこざで師長と口論になってしまったり、あるいは患者さんにも皮肉めいたことを言ってしまったりと、とにかく日常的にイライラ、ピリピリとしてしまっていたように思います。その後、産業医に転職したことでピタリとなくなり、穏やかな心持ちを取り戻したように思います。

余裕がなく、仕事でストレスを溜め込んでいますと、どうしても些細なことで怒ってしまう傾向にあります。実際、私が産業医として面談した社員の中にも、後輩にキツく当たってしまっていた原因が実はメンタル疾患だったと判明したことがありました。

クレームを延々と言い続ける、あるいは怒って怒鳴り散らしてしまうような行為は、損はあっても得はないと思いますが、それでもやってしまうのは「制御できない怒り」があるからで、その背景には「抱えきれないほどのストレス」がある可能性があります。

もし「以前はこんなはずじゃなかった…」と自分自身の変化に気づいた場合は、それほどストレスを抱えているのではない、と疑ってみた方がいいと思います。そして、ストレスを軽減できる方法はないか、と考えてみましょう。

職場内で解決法が実行できるのならばいいと思いますが、もしできないということでしたら、転職もご検討いただいた方がいいかもしれませんね。ただ、また同様の職場では意味はありませんので、できればリクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談しつつ転職活動を進められることをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。