臨床医が常勤産業医になる上でつまずきやすいポイントと対処法【医師転職】

私が後期研修医時代、「常勤産業医になろう」と思った時に「やっぱり無理だな…」と諦めそうになったことがありました。

それはなぜかと言いますと、「地元(北関東)で常勤産業医を募集していたのが一社のみ、しかも経験者募集の企業だったから」という理由です。

基本的に常勤産業医を募集している企業は「社員数1000人以上」であり、そのような比較的大きな企業は地方にはあまりありません。そのことすら知らず、「地元で産業医として就職を」と考えていれば、それは頓挫してしまうのも無理はありません。

そこで、以前転職の相談を受けてくださったリクルートドクターズキャリアの転職エージェントさんがタイミングよく声をかけてくれて、「通勤エリアを広げて、他県なら産業医募集中の企業がありますよ」と教えてくださったため、運良く未経験にも関わらず常勤産業医になることができました。

こうした「求人がない…」という問題は、通勤エリアの拡大とあとは「求人が出るタイミング」を待つということである程度は解決できるのかな、と思います。また、やはり転職サイトによっても担当する企業は異なっており、リクルートドクターズキャリアさんの他にも、エムスリーキャリアさんにもご登録していただいた上で相談していくと、よりカバーできる求人が広がると思います。ただ、闇雲に転職サイトに登録する必要はなく、私としては3回の転職経験からこの2社で十分だと思っております。

求人に募集しても「なかなか内定がもらえない…」ということでしたら、やはり採用面接対策が不十分である可能性があります。その点もしっかりと事前に転職エージェントに相談して対策を練っておくことで対応は可能だと思います。あるいは、未経験でしたら年収など希望条件の見直しなども必要になってくるかもしれません。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。