新型コロナウイルスワクチン「職域接種」で時間をとられやすくて注意すべきポイント【産業医マニュアル】

スポンサーリンク

私が産業医として勤務する会社でも、新型コロナウイルスワクチンの「職域接種」が行われることとなり、担当する医師・保健師、総務部のミーティングが開かれました。

さて、そこで話し合われた内容ですと、「問診・接種」で1人あたり約5分を想定しているとのことであり、かなりタイトなスケジュールとなっているとのことです。

そこで、「どのようなポイントで、時間でをとられてしまうか」ということが話し合われ、以下のようなことが挙げられていました。

・問診で、主治医へ接種が可能かどうか確認が行われておらず、接種可能かどうか確認する場合

・接種で、腕を露出できずに脱がざるを得なくなり、特に女性の場合は配慮も必要で時間がかかる(社員に接種しやすい服装で来てもらうよう、要アナウンス)。

・問診票などの書類をカバンやポケットにしまってしまい、探す必要がある場合。そのようなことがないように、必要書類はクリアファイルにひとまとめにして渡しておく。

・会場が広い場合、受付→問診→接種などの連携がとりにくいことも想定される。そのため、ブザーで知らせるなど、空きブースがすぐ分かるように工夫をする。

などでしょうか。特に、「あの書類がない…」と探す時間や、衣服の脱ぎ着によるタイムロスなどはインフルエンザ予防接種あるあるだそうで、対策が必要とのことでした。

また、大人数が押し寄せる職域接種では、大きな会場となりますので、案内や連携がとりづらくなることも予想され、その点も注意が必要なようです。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医マニュアル
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました