社会人経験のある先生方、「産業医」ではその経験が大事な宝になります

会社員を経験し、編入もしくは大学に入り直して医師となる、という方もいらっしゃいますね。私の卒業した大学でも編入制度があり、途中から入ってこられた方々のレベルの高さには驚かされた経験がございます。

それもそのはず、そうそうたる大学を卒業後に社会人となり、その後、それ相応の覚悟を持って編入しているため、「一般学生とは経験もモチベーションも段違いだなぁ」などと、ぼんやりと思っていました。

そうした社会人経験のある先生方に、なぜ産業医になることをオススメするかと言うと、当然のことながら、その経験が産業医にとって大きなプラスであるからです。

たとえば、社員の方の「会社に行きたくない」というお悩み一つをとっても、そこには業務や人間関係など、会社内にある様々なことが関係している可能性があります。多くの場合、その要素がいくつも絡み合っていることも珍しくはありません。

「直属上司が苦手」ということが発端となると、いわゆる「報・連・相」が上手くいかず、結果、業務も滞りがちとなる、ということになります。結果、「仕事が思うようにいかなくて…」とだけ、その社員さんは言うかもしれませんが、結局のところ「上司と反りが合わない」ということに悩みが帰結することもあります。

産業医になった当初は、こうしたことがなかなか理解できず、表層をなぞったような面談しかできませんでした。ですが、社会人経験があればきっと、「これは上司との連携が上手くいってない」とすぐに理解できるはずです。

「医師になったのが遅い」という面が、ドクターとしてデメリットとして捉えられがちですが、その経験は産業医としてとても貴重なものだと思います。もしご興味があれば、ぜひ活かしてみませんか?

ただ、「産業医になろう」と思っても、やはり自分で入職する会社を探すというのは困難です。できることならば、「リクルートドクターズキャリア」などのエージェントさんにご相談いただくことをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。