産業医として「話が通じない人、理解しづらい人」に対してメッセージを伝える上でのひと工夫【産業医マニュアル】

コミュニケーションの問題で、同僚とたびたびトラブルを引き起こし、能力や集中できる分野にかなり偏りがあると考えられる50代の社員がいます。恐らく専門外来を受診すれば発達障害と診断されるのかな、と思われます。

この社員、元々うつ病と診断されており、通院しているのですが、この度、症状の増悪で休職しています。1ヶ月ほど休職した時点で主治医より「復職可」の診断が出て、「さて、通勤訓練を」という段になりました。

「まずは始業時間前、平日の朝に産業医の面談室まで来てください」と指示したわけですが、来たのは9時過ぎでした。「始業時間前に、と申し上げましたが…」と言いましたが、「え?そうでしたっけ?朝にくればいいと思っていました」とのこと。

その通勤訓練も途中でドロップアウトしてしまったため、ちょっとハードルを下げて「まずは朝しっかりと起きて、生活リズムを整えましょう」と提案しました。そこで「いつもの起床時間に、私の会社支給の携帯電話へ着信履歴を残してください」と依頼したわけですが、着信履歴があったのは、またもや9時過ぎ。「朝、鳴らせばいいと聞いてたもので」と、また自分本位に話を解釈していました。

さらには、人事に「産業医の先生は明確なゴールを示してくれないから、どうすればいいのか分からない。今、何をやっているのかよく分からない」と言っていたそうです。私は会うたびに「まずは実際に会社へ通うことができるのか、通勤訓練を実施してみましょう。朝9時前にまずは会社へ来てください。その通勤訓練を無事に2週間終えられたら、復職の可否を判定する面談を行いましょう」と言っていましたし、非常に簡単な指示や目標で忘れるはずがないと思っていたので、非常にショックでした。

以前からこの社員、耳からの指示には非常に弱く、誤解していたりすぐに忘れてしまうということは聞いてましたので、そこで「では、今から言うことを、私の目の前でメモしてください」と指示することにしました。

実際、この指示をしてからは、確実に時間を守ってくれるようになりました。「ちょっと耳からの指示は入りにくい人だな」と思ったら、「目の前でメモしてください」と言うことで、視覚情報に変換できて確実に理解してもらうことができるようです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。