「休職者が発生した場合のコスト」と「休職者が退職した場合のコスト」、いくらくらいだかご存知ですか?

睡眠データで「生産性低下や休職・退職率」をAIが予測するサービス「O:SLEEP」に関する記事(「生産性低下と休退職のキーは睡眠だった」世界初、睡眠データから休退職率と生産性低下をO:がAIで高精度に予測)で、「休職者が発生した場合のコスト」と「休職者が退職した場合のコスト」について記載されていました。

産業医や人事労務管理者がおおっぴらに言うことは、少々躊躇われる内容ですが、コスト意識を持つことは、企業に勤務している以上、どうしても避けては通れないところではあります。また、逆に言えばコスト意識をもつことで、より「本気」になるとも言えると思われます。

早速まずは、「答え」から提示したいと思います。

・休職者が1人発生した場合の発生コスト=442万円
・休職者が退職した場合、1人採用するコスト=998万円

だそうです。

休職時のコストとしては、「休職中と休職前後の3ヶ月、他の従業員が業務を行い、休職期間中の計3ヶ月は私傷病休暇、年次有給休暇を取得し、残り3ヶ月は無休と想定」して算定しています。また、退職時のコストとしては、「新しい人員の採用費と研修費と人件費」から算出しているそうです。

休職者・退職者が続出しているような職場では、これだけのコストが実はかかっているということですね。

対策としては、3次→2次→1次予防という流れで行うと実施しやすいのではないでしょうか。まずは休職者の復帰しやすい環境作りや再休職防止対策などをしっかりと行い、次にメンタル疾患の早期対応、最終的にはストレスチェックを利用した職場全体におけるストレス軽減対策などを実施する…といったことでしょう。

いずれにせよ、上記のコストについて話をすると、やはり真剣に取り組もうという企業も多くなるのではないでしょうかね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。