医師が転職して後悔を感じやすい「こんなはずじゃなかった」の落とし穴と対策【医師転職】

スポンサーリンク

転職して「全て大満足」という方は本当に稀で、「あれ?こんなはずじゃなかった…」と思う部分が大なり小なりある方がほとんどではないでしょうか。

転職して後悔を感じやすい部分を大別すると、「業務内容」「待遇」「人間関係」となります。これらの落とし穴の具体例と対策について、今回は書いてみたいと思います。

業務内容のズレ

「専門性の高い診療ができる」と採用時には聞いていたのに、実は「専門外の入院患者や外来診療を行うことが多い」といったことがあります。

大学病院や特定機能病院などでは別でしょうが、一般の病院で言えば、やはり「専門外をある程度は診る必要がある」わけです。こうした部分のズレはやはり後悔を感じやすい部分でしょうね。

対策としては、業務内容まで含めた細かな部分の確認(さすがに専門外をゼロにすることは困難でしょうが)を行い、できることならば雇用契約書に盛り込んでもらうことが望ましと思います。

あるいは、「入職してみたら、期待していた検査もできず、機器も旧式のものばかり…」なんてこともあったりしますので、特に内視鏡検査を行われる先生などはしっかりと見学の時に確認しておく必要があると思います。

待遇のズレ

昇給があるものと思いきや、入職してみて「昇給がない」あるいは、昇給基準が曖昧で納得できない、なんてこともよくあります。

あるいは、「オンコールはなしと聞いていたのに、月に1~2回程度の休日出勤が回ってくる」ということが入職後に明らかにされたなんてこともあります。

こういったことも事前に雇用契約書を交わしておき、昇給の有無、あるいはどのような業務を担うのか、しっかりと確認しておく必要があると思います。逆に言えば、雇用契約書にない業務であれば拒否することもできると思いますし、交渉する余地もでてくると思われます。

人間関係のズレ

これは「当直なし」という条件での入職でよくあることですが、理事長・院長レベルでは承知していても、現場レベルの医師たちが承知していない、知らされていないことで反感を買うといったことがあります。

採用面接では雰囲気がよくても、いざ入職してみたら「ギスギスした雰囲気」あるいは「派閥のようなものがあって溶け込みにくい…」なんてことがあります。この点も、見学の時に実際に病棟や医局などを見せてもらい、空気を感じておくことが必要だと思われます。

以上です。
ただ、対策として「雇用契約書を確認した方がいい」「現場の空気、人間関係をしっかり確認しておいた方がいい」と言われても、なかなか短時間であったり、多忙な中で確認するのは困難です。

そんな時こそ、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェント、コンサルタントに相談することで、入職後の後悔を回避できると思います。まずはご登録の上、相談されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました