産業医が社員に、そして上司が部下に「眠れていますか?」と問いかける重要性

労働新聞社の「よい仕事はよい睡眠から」に、睡眠と仕事の効率について記載されていました。

・2003年に山陽新幹線で運転士が居眠りしたまま運転、時速270kmで8分間走行した。ケガ人はなかったものの、睡眠時無呼吸症候群が広く知れ渡った出来事である。
・建設業をみると、建設業労働災害防止協会が積極的にメンタルヘルス対策に取り組んでいる。
・とくに不安全行動との関係に注目。労働災害を引き起こす不安全行動の背後には、高ストレスや睡眠不足があると指摘している。
・睡眠が足りないことで、労働災害を発生させてしまうことになる。このため、建災防では健康KYの実施を呼びかけ、朝礼時などにリーダーが「よく眠れたか」と問いかけるよう求めている。
とのことです。

産業医として、「勤務中に居眠りをしている社員がいる」と相談を持ちかけられることがありますが、そうした社員の背景には、メンタルヘルスに問題を抱えていることがあります。上司との関係や業務について悩み、眠れない日々を過ごしていることや、プライベートでの心配事も関係あることがあります。

また、ストレスチェック後に、高ストレス者を対象とした面談を実施する際、「夜、眠れていますか?」という問いかけは重要であったりします。不眠症状を自覚しているケースでは、精神科・心療内科受診を勧めることもあります。

上記の記事のように、ラインケアの一環として、ミスが続く、仕事の効率が落ちているようなケースでは、上司が部下に「眠れているか?」と問いかけることは重要だと思われます。

もしこうした産業医にご興味がございましたら、ぜひ
リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

といった人材紹介会社にご登録いただき、求人情報をチェックしていただければと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。