「こじれた上司・部下の人間関係」がきっかけであるトラブルへの対処の難しさ【医師転職】

認定産業医の資格更新のため、とある座学の講習会を受けたことがあります。そこで、「上司の叱責などが続き、部下がメンタル疾患を発症した。この時の産業医としての対処法は?」というケーススタディのようなものが行われました。

実際にこうしたケースはよくあることであり、産業医として対処することも多いと思います。その事例を用いてグループ討論を行ったわけですが、そこで私が「まずはしっかりと休職し、主治医の指示の下に復職を検討していく。また、復職にあたっては人事と連携し、異動も検討していくことが必要と思われます」と発言したわけです。

ですが、その発言を良しとしなかった講師の方が、「まず異動を考えるのはどうだろうか?休職することで考えが改まったり、傷が癒えるかもしれない。元部署復帰の方が本人の負担も少ないと思われるがね」と口を挟んできました(失礼、講師の方がおっしゃったわけです)。

「休職後、元の職場へ復帰」という原則も分かります。ですが、「こじれた上司・部下の人間関係」が原因の場合は、そう単純にはいかないと思うのです。それこそ、異動を検討しないのは安易ではないか、と思うのです。

メンタル疾患を発症しているような段階ですと、とにかく仕事が辛く感じるものです。上手くこなせない、回せていないケースも多く、ミス・トラブルも多かったりします。そうなりますと上司からの叱責が次第に強くなっていくことも予想されます。

こうした叱責の言葉、上司の態度などは忘れようにも忘れられません。実際、「休職中も頭から離れなかった」とおっしゃる社員さんもいますし、私もイヤなことを言われた上司の表情や言葉が今も不意に思い出されることがあります。

たった1~2ヶ月休職したところで、「考えが改まる」「傷が癒える」ということは到底思えません。「同じフロアにいるのもイヤだ」「同じエレベーターに乗るだけでも動悸がする」という社員さんの話を聞いたことがあり、私もそれに強く「分かります、その気持ち」と同意してしまいました。

それだけ、復帰した後もしこりや傷というのは残り続けるものだと思います。もし上司・部下関係で悩まれた末に休職、ということでしたら、安易に元の職場復帰するのではなく、よく考えた末に結論を出されることをおすすめしたいと思います。

大学医局に所属しているのでしたら異動を検討してもらったり、あるいは医局に所属していないということでしたら、転職も選択肢の一つとして検討すべきかな、と私としては思います。

休職後に転職活動を行うのは辛いでしょうが、「復帰してすぐ再休職」ということよりは良いのではないか、と私個人としては思います。もし転職活動にご不安がある、ということでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアにご登録いただき、転職エージェントにご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。