同僚医師に対する「不公平」ということばかりに囚われてストレスを感じ続けるのは不幸という話【医師転職】

私が後期研修医時代、年の近い先輩医師や同僚医師よりも受け持ち患者が多かったり、「入院患者を頼むよ」と言われるケース、あるいはほかの医師の当直・オンコールの穴埋めを依頼されたりすることも多かったように思います。

これらのことに対して、「不公平」だとか、あるいは「あの先輩医師は大学からの派遣から優遇されている」と思ってしまっていました。

結果、その「不公平」感という魔物に取り憑かれるようにして不満をため続け、上司への不信感を募らせていってしまったように思います。それで当直などの影響もあって不眠症状、抑うつ症状が増悪していき、退職へと繋がってしまいました。

ですが、産業医になった今、管理職の大変さも分かります。その観点から当時を振り返ると、先輩医師も大学からやってきてまもなくであり、職場の環境に慣れていなくて多くの受け持ち患者を持つのは難しかったのかもしれません。

また、同僚医師も女性、しかも新婚まもないということもあって上司は遠慮していたのかな、とも思います。結果として私に受け持ち患者を増やす、当直の穴埋めを頼む回数が増える…というのは、当然の帰結だったのかもしれません。

ですが、一度「不公平だ」と思い始めてしまうと、そのことに苛立ちやストレスを溜め続けてしまう可能性があります。ですので、一度は上司の立場に立って考えてみる、客観的に職場の状況を見直してみるということも必要なのかな、と思います。

一方で、それで自分の業務負担が増え続けてしまい、「それを甘んじて受けろ」とは言いません。時にはNOと言うことも必要ですし、言った結果、改善されないようであるならば、その時はやはり転職を考えるのもよろしいのではないでしょうか。

もし現在、転職活動中ということでしたら、次の転職では失敗しないよう、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにご相談いただき、職場の人間関係、業務負担などについても質問してみることをおすすめしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。