転職エージェントとの相談で「やってはいけない」こと【医師転職】

私は、まったく誇れることではありませんが、3回の転職を繰り返しており、その中で「働き方は多種多様」だなと本当に気付かされました。

今まで後期研修医時代は勤務医をしていたわけですが、その当時、「1日8時間・週5日勤務、当直・オンコール」が当然だと思っていましたが、一歩その病院の外へ出ますと、それが当たり前ではないことに気付かされました。

また、臨床医と一口に言っても、「外科医として活躍してきたが、内科への転科を図るために週2日外科医、週3日内科医として働く」という方もおられたりします。あるいは、臨床医をやめて産業医として勤務する方もいますし、「週3日産業医、残りは非常勤バイトで臨床医」「週に1日は産業医として働き、残りはクリニックの外来勤務」という方もおられたりします。

本当に多種多様な働き方があり、どれが自分に合っているのか、「やってみないと分からない」ということもあったりします。実際、転職エージェントに提案されて、「え?そんなこと考えもしなかった…」と最初は抵抗感があっても、ためしに勤務してみて「よかった」と感じることもあります。

ですので、私としては転職エージェントと相談する場合、「ガチガチに細かい希望条件まで伝えて、それ以外の可能性は排除する」というよりは、「大まかな優先順位の高い希望条件だけ伝えて、どのような求人があるか、どのような働き方の選択肢があるか相談する」という方が望ましいのではないか、と思っています。

だからこそ、「始めから転職エージェントの提案を頭ごなしに否定する」ということは避けるべきでしょうし、「こっちの希望条件に沿った求人だけ紹介してよ」というスタンスはとるべきではないと思います。

提案を受けたら、まずはその意見を受け入れてみて、「どのような点が自分に合っていそうで、どのような点が合っていないか」ということを考えた上で感想を伝えるべきであると私としては思っております。

もしこれから転職活動を本格化させようということでしたら、ぜひ上記の点を念頭に置きつつ、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。