産業医として遭遇しやすいケース「忖度して欲しい社員、空気を読まない上司」にどう対応すべきか

女性社員が人間関係を主なストレス要因として適応障害を発症し、休職していました。同じ部署内ですが、異動した上で復職することになったわけですが、そこでちょっとした問題が起きました。

女性社員が部長に「元にいた部署に、ご挨拶した方がよろしいでしょうか…」と言い出したところ、「そうか、そうか。これからも関わりあるわけだし、挨拶しとくか。どうせ置いてある荷物もとりにいくし」という話になったわけです。

結局、その女性社員は復職初日、元いた部署に「お世話になりました」と挨拶をしたわけですが、そこから間もなくして体調不良を理由に数日休んでしまいました。そこでその部長から「女性社員が復職まもなくで体調不良を理由に休んでるんだが、どうしたらいいでしょうか」と相談にきたわけです。

それで私が女性社員と面談を実施したわけで、上記のようなエピソードを説明され、「本当は挨拶をしたくはなかった。元の部署の人とは顔も見たくないし、部長には『ご挨拶した方が…』と言った時には、『それはいいよ、気まずいだろうからね』と言って欲しかった」と本音を聞きました。

まさしく、「忖度して欲しい社員、空気を読まない上司」という構図です。こうした事態にならないように、どうしたらいいかということですが、これはやはり注意事項という形で上司に伝えておくしかないのかな、と思います。

実は女性社員と復職前に面談を行っており、「できる限り元部署の人とは顔を合わせたくないし、挨拶なんかもってのほか、行きたくない」と言っていました。そのことを「さすがに今までの人間関係や流れを知っている部長さんも察して、挨拶しろとは言わないはず」と思ってしまい、伝えておりませんでした。

私を含め、「察しない、空気を読めない」という方は少なからずいると思いますので、そのような傾向のある上司の方には「これはさすがに分かるだろう」ということも注意事項という形で伝える必要があると改めて思ったケースでした。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。