「草食系ブラック企業」で育った社員が背伸びして転職した後に待ち受ける悲劇に産業医としてどう対応すべきか【産業医マニュアル】

とにかく仕事が楽で、基本的に定時退社・休日出勤なしといった企業は、いわゆる「ホワイト企業」と言われるところに分類されるように思われがちです。

ですが、そこに落とし穴があり、「上司はろくに管理せず、育てようともしない」ため、スキル・知識が身についておらず、「年齢だけ重ねた社員」を増産してしまうという結果になるとのこと。

こうした企業を「草食系ブラック企業」と呼ぶそうですね。そうした企業で育った社員が、背伸びして大企業などに転職してしまうと、やはり悲劇が待ち受けていることになります。

実際、こうした草食系ブラック企業からの転職組の方々が、「脱落してメンタル疾患を疑われ、産業医面談を受けにくる」というケースは何度となく経験しており、「この現象、なんだろう?」と漠然と思っていた次第ですが、なるほど、「草食系ブラック企業からの背伸び転職」という現象なのか、と一人合点がいった次第です。

さて、ではこうした事態に産業医としてどう対応すべきかということですが、やはり

・まずは産業医としての一般的なメンタル疾患への対応(心療内科や精神科への受診勧奨、主治医意見の聴取、就業可否判定、必要があれば休養を勧めるなど)

・休業→復職が必要であれば、復職可否判定

・復職に当たっての環境整備、復職後のフォローアップの実施。

などが思い浮かびますが、元職場への復帰が難しいことも多々あり、やはり復職にあたっては人事との話し合いを行うことになっていきます。

ですが、人事としてもシビアに能力、仕事ぶりなどを再評価し、結果として退職を勧めることも多いように思います。「残っても辛い目を見るだけ」ということは火を見るより明らかですし、まだ30代前半ということでしたら、「もっとマッチする会社に転職したほうがいいね」という結論になりやすいのではないでしょうか。

ただ、入社して1年足らずで休職に至る方もおり、「いきなり転職を」というのはなかなか踏ん切りがつかないものです。そこで産業医としては、悩みや迷いを丁寧に傾聴してサポートしていき、ご本人の望む形に寄り添っていくしかないのかな、とも思います。

終末期医療の看取りに近い心境ですが、「味方やサポートしてくれる人がいない」という状態にしないよう、共感と傾聴を粘り強くしていくのが正解かな、と私としては思っています。

実際、こうした面談の中で、「先生、転職することにしました」と言って見送った社員さんの多くは晴れ晴れとした表情でしたので、これもまた産業医の意味ある仕事の一つかな、などと思ったりもします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。