産業医として社員との面談を円滑に行うためのちょっとしたコツ【産業医マニュアル】

産業医として多くの社員さんと面談を行ってきましたが、やはり最初は警戒していたり、お互いに距離を感じていたりして、なかなか円滑に話ができないということもあります。

最近では距離の詰め方も慣れてきて、30分~1時間の中で必要なことを聞き出すこともできるようになってきました。そこではちょっとしたコツがあり、私としては「共通の悩みなどを語って、親しみやすさを感じてもらう」ということが効果的かな、と思っています。

社員さんの中には、「医者のアンタらには、私らのことは分かりませんよ」「どうせ産業医なんて、他人事と思って私らの話を聞いてるんでしょ?」と内心思ってる人もいます。「話しても無駄」ということで、表面的な受け答えで義務的な面談を終えようとしてくるわけです。

そんな時、「不眠でお悩みですか。辛いですよね、不眠。私も経験があって。ただでさえストレス抱えてて眠れなくて大変なのに、その上、体力削られちゃうんですよね」「転職2回目でこちらにいらっしゃったんですか?実は私も3回転職してまして」「イヤな上司っていますよね。分かりますよ、それで私も転職してるんで」…などといった、人間臭い共通の悩みを語りますと、「おっ、分かってくれますか」といった感じで話をしてくれることがあります。

特に、ストレスの要因となっているような上司や同僚について、本来は「本人の耳に入ったりしたら大変」と、話しづらそうにしていることが大半です。そんな時、「いますよねぇ、上司に同僚にミスとかをチクッて、自分の点数稼ごうとする人」「部下の意見も聞かずに、自分の思い込みで怒ってくる上司って、本当イライラしますよね」など、自分の経験がある場合には共感しつつ相槌を打ちますと、「そうなんですよ、実は…」などと話してくれることもあります。

基本的には、社員さんは産業医のことを、「会社側の人間。ヘタなことは言わないようにしよう」「立場が違うし、私のことなんか理解できやしない」などと思っている可能性があるということは認識しておいた方がよろしいかと思います。

そんな時は、「共通の悩み、共感できるポイントを押さえて親しみやすさを感じてもらう」ということをしますと、グッと距離が縮められるのではないでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。