長時間勤務者の面談は「社員の業務内容」を知る絶好の機会です【産業医マニュアル】

長時間勤務者を対象とした面談では、時間外勤務が生じたもしくは慢性的に生じている背景を知って改善を促したり、当該社員の生活・健康状態などを聴取して勤務継続が可能かどうか判定しています。

もちろん、「こっちは忙しいんだよ。暇な産業医先生と話してる時間はこっちにはないんだよ。さっさと面談終わりにしろよ」というような社員さんも中にはいますが、業務について饒舌に詳しく話してくれる、話好きな社員さんもいます。

そんな時は、社員さんの業務について色々と話を聞き、情報を得るようにしています。さすがにメンタル疾患を抱えておられるような社員さんに根掘り葉掘り聞くことはためらわれますので、話に付き合ってくれるタイプの社員さんで、長時間勤務者面談に来られた方には、「どのような仕事を担当しているのか」「時間外勤務が超過する構造的な原因・理由はどこにあるのか」「職場で不平・不満をどのような点に感じているのか」といったことを聞けるようでしたら聞いておくようにしています。

そうしますと、「あ、この点は他の社員さんも言っていたな」「ああ、なるほど。前に他の社員さんが文句を言っていたのはこうした理由なのか」などと理解が進み、他の方の面談にも非常に役立ちます。ある程度は、やはり共通の悩みや不満を抱えていたりするわけです。

ですので、「あ、この人は色々と話してくれそうだな」という方でしたら、業務内容などについて色々と聞いておくと、産業医としての経験・知識を積む上で非常に役立つと思われますので、オススメです(ただし、人は選ぶべきかな、と思います)。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。