「社員へのリスペクト」を失った時点で産業医失格だと思う理由【産業医マニュアル】

スポンサーリンク

メンタル疾患を患っておられる社員さんとの面談を行う中で、ついつい「なんでそんなことに悩んでるの」「それぐらいの仕事、わけもなくできるでしょ?」「仕事中、居眠りするなんて…」と思ってしまうこともあります。

特に上司や人事の話を聞いていて、ついついそちら側の意見にばかり寄ってしまいますと、「もう辞めたらいいのに」などと思ってしまったり、あるいは見下すような発言を面談中に行ってしまう可能性もあります。

当然のことながら、そのような態度や言動は産業医として好ましくないわけで、社員さんたちへのリスペクトはやはり忘れないようにしなくてはならないと私自身としても思っている次第です。

もちろん、「常に社員の側に立て」というわけではありません。社員さんの発言を鵜呑みにしてしまうのもまた危険であると思いますし、様々な視点から見るべきではあると思いますが、それでも社員さんの立場の尊重を行い、傾聴しようとすることは必要であると思っています。

というのも、社員さんの中には「どうせ産業医は会社の手先だろ」といった思いで面談に来られる方もいらっしゃいます。「話しても無駄だ」と思っている人も少なからずいるわけです。そこで少しでも見下すような素振りをしようものなら、途端に信頼を失い、口を閉ざしてしまう可能性もあると思います。

そうした意味でも、やはり社員さんへのリスペクトというのは非常に大事であり、失うべきではないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医マニュアル
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました