未経験の状態で臨床医から産業医への転職を成功させるためのポイント【医師転職】

私も後期研修医として勤務していた病院を退職し、産業医への転職を行った内の一人です。ですので、当然ながらその時は「産業医未経験」でした。

既に病院を退職してしまっていながら、転職は上手くいかず、数ヶ月バイトで食いつなぐ日々でした。今思うとぞっとする時期を過ごしておりましたが、それも当然そのはずで、「未経験」の状態から産業医になるのはやはり難しいことです。

今回は、「未経験」で臨床医から産業医への転職を成功させるためのポイントについて書いてみたいと思います。

勤務エリアの見直し

常勤産業医の求人を見ていれば分かりますが、「社員数1000人以上」の企業ばかりです。というのも、基本的に社員数1000人を超えた企業が「常勤産業医」を置く必要があるわけで、逆をいえば、それぐらいの規模の大企業がある大都市圏でないと求人はほぼないと考えていいでしょう。

東京周辺、横浜、愛知(名古屋)、大阪などに求人は集中しています。私も関東の片田舎で後期研修医をしており、その近辺で職を探しましたがほとんどありませんでした。

ですので、まずは「どこに勤務するか」ということの見直し、最悪、引っ越しも検討しなければならないと思っていた方がいいかもしれません。

ある程度の妥協は必要

未経験ということになりますと、それまでどれほど臨床経験を積んでいても、買い叩かれる可能性があるというのは覚悟していた方がよろしいと思います。

ですので、臨床医であった時代から年収ダウンしてしまうことだったり、通勤エリアなどである程度の妥協は必要かと思います。

しかしながら、そこで2~3年経験を積めば、次の転職では「経験者」となるわけで、グッと選べる求人の幅は広がります。ですので、1社目は妥協が必要ということも考えられます。

転職エージェントに相談してみる

私もまずは、求人を掲載している転職サイトを見ては「ここ、応募できそうだな」という求人を見つけ、そのサイトに問い合わせを行う、ということを繰り返していました。

しかしながら、基本的な産業医求人、転職についての知識もなく、やはり上手く行かなかったです。

ですが以前、療養型病院への転職を考えていた時にお世話になっていたリクルートドクターズキャリアの転職エージェントさんが連絡してきてくれて、相談に乗ってくれました。そのおかげで勤務エリアの変更を提案され、上手く転職することができました。

このように、右も左も分からない状態で転職活動を続けていても上手くいく可能性は低いです。そこではやはり有能なガイドという存在が必要であり、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談しつつ転職活動を行うべきだと私としては思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。