専攻医(後期研修医)の給与格差について思うこと【医師転職】

初期研修医の給与問題は是正され、40万円以上は保証されているようになっており、あまり格差もないようになっていると思われます。一方、専攻医(後期研修医)については、各病院で給与をいくら払うのかといった決まりがあるわけでもなく、かなりの格差があると思われます。

有名大学病院で後期研修医をするとなると、初期研修医とあまり変わらず、月40万円弱というところもまだあるようですね。もちろん、後期研修医ともなればバイト解禁となりますので、バイトで補う、ということもできるでしょうが、「暗黙の了解でバイト禁止」とされているところもあるようです。

私は国立病院機構の病院で後期研修医時代に勤務しており、残業代や当直代を合わせると月60~70万円ほどいただいていたと思います。もちろん、もっともらっている後期研修医もいたでしょうけども、専攻医(後期研修医)の給与格差はかなり大きいと改めて思った次第です。

もちろん、5年程度ですから、残りの数十年に渡る医師人生を考えれば、さほど大きな差ではないと思いますが、やはり「同じ働くのなら、給与が多いに越したことはない」と思うのが正直な心情ではないでしょうか。

ですので、研修先を選ぶ上で、「給与で選ぶ」というのも一つ大事な視点かな、と思った次第です。もちろん研修を「どこでするのか」ということも大事な要素だとは思いますが、それに加えて「給与をいかほど出してくれるところなのか」ということも重要なポイントだと思われます。

また、今後の研修の中で、給与が原因でというわけではないかもしれませんが、「やっぱり別の道を選びたい」と転職を考えることもあるかもしれません。私も「専門医資格を取得し、いつか開業医に」という人生を思い描いていましたが、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントとの相談の結果、産業医になっています。

「一度決めた道が全てではない」ということは、今後、専攻医(後期研修医)ぜひお伝えしたいと思います。選択肢にもなかったような道が不意に現れ、歩いてみたら上手くいった、といったこともあると思います。

人生には予期せぬことが起こるものです。あまりガチガチに将来設計をしてしまうよりは、「道が塞がってしまったら、また新たな別の道を歩みだせばいい」というぐらいに思っておく方が私としてはいいのかな、などと思っております。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。