社員の状態把握で便利な「7つのステータス」とは【産業医マニュアル】

産業医のための入門書『産業医はじめの一歩』を現在読んでいるのですが、よくある画一的な入門書ではなく、実践でもつかえる、具体的で結構踏み込んだ内容でとても勉強になります。

さて、この本の中に、社員の状態を「7つのステータス」に分類して捉えると理解しやすいという内容が記載されていました。「健康度合い」と「業務遂行性(パフォーマンス)」の2軸でステータスを考える、というのが基本的な内容です。

就業可能な状態

1) 健康な労働者:業務遂行が100%前後の労働者

2) 不健康な労働者:業務遂行が70~100%未満程度に下がっている労働者

3) 復職後の労働者:長期休業の後、復職して3ヶ月以内の労働者

4) 生産性が低下している労働者:症状によって業務遂行性が30~70%まで下がっている労働者(多くの場合、同僚や上司がそのことを認識している)

就業は不可だが日常生活が可能

5) 短期休業の労働者:風邪や下痢症状など、2週間未満の休み、業務遂行が30%未満の労働者

自宅安静が必要

6) 長期休業の労働者:2週間以上の休み、業務遂行性が30%未満の労働者

7) 私傷病退職の労働者:長期休業の後、復職できなかった労働者

感覚的にはこうしたステータスは分かってはいましたが、実際、分類されているのを見ると「なるほどな」と納得できる内容でした。

付け加えると、不眠症状・抑うつ症状などが見られ、なかなか休業するのを渋っておられる社員さんも、「2週間程度の短期間、休業してみてはどうでしょうか」と提案して休んでみますと、「もう少し休みたいと思います」と、そのまま長期休業に入られる方も少なくない印象です。

ですので、短期/長期の見極めは「休んでみないと分からない」という部分があり、上司や人事側には「長くなる可能性もあるため、そのつもりで業務の割り振りなどをご検討ください」と伝えることもあります。

あと、業務遂行(パフォーマンス)の程度はなかなか判別が難しかったりしますので、ここは具体的にどんな支障が出ているのか、聴取する必要があると思います。「以前は、複数の業務を並行してできていたのに、今はそれができない」「書類に目を通して、なかなか頭に入ってこない」「業務が回らず、どんどんと溜まっていってしまっている…」といったことでしょうか。

ただ、上記のような分類がありますと、「当該社員は今、どの状態にあるのか」というのを社員さん自身や上司、人事側に具体的に伝えることができると思いますので、とても有用だな、と思った次第です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。