「コロナ禍での転職」について知りたいならまずはエムスリーキャリアの特集ページを【医師転職】

スポンサーリンク

コロナ禍での転職を考えますと、やはり様々なことが気になるところです。「コロナ禍の転職市場への影響は?」「求人数は平常時に比べてどうなの?」「コロナ収束まで待った方がいいの?」などです。

エムスリーキャリアには、これらの疑問にQ&A方式で答える特集ページが用意されており、非常に参考になります。

実際、コロナ禍であっても、医師の採用については約9割の医療機関が「変わらず採用する」とのことであり、むしろ9%程度は「求人数を増加する」と回答しているそうです。すでに「withコロナ」として転職市場は動き出しているとのこと。

一方、勤務先の業務縮小や経営不安で転職を希望されているドクターは増加傾向にあり、10月以降の求人数増加時期に動き出す方が増えると予想されます。ですので、「コロナが落ち着くまで待っていよう」というよりは、やはり実際に求人を見てみるなどして、動き出してみるほうが得策のようです。

このように、予想とはちょっと異なる動きに市場は動いているようですので、やはり転職サイトなどでしっかりと動向を把握した方がよろしいかと思います。

ですので、まずはエムスリーキャリアに登録し、特集ページを見たり、求人についての問い合わせなどをしてみて、動くかどうか検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました