「急性期での勤務はもう無理」と思った時に考えるべきこと【医師転職】

m3.comに、47歳の消化器内科医の転職実例が掲載されていました。47歳で実感、「内科系の転職は40代前半に」の記事によりますと、急性期病院で勤務を続けていましたが、「鬱っぽくなっていた」とのこと。1~2時間しか眠れないこともあり、不眠症状も見られていたとのことです。

私も不眠、抑うつ気分などの症状がみられ、次第に眠れない日々で体力を削られて心身ともに弱っていた時期を経験しておりましたので、この辛さは非常によく分かります。

私の場合、「療養型病院に転職を」と考え、実際に面接を受けて内定をいただいておりましたが、やはりこのドクターの場合も同様に療養型病院への転職を検討していたそうです。

ところが、エムスリーキャリアの転職エージェントに「急性期病院で勤務する」ことへの未練を指摘され、結局は急性期病院への転職を行ったそうです。

ただ、そのまま急性期に同じ条件で転職するのでは精神的・体力的にキツイ。ではどうしたのかと言いますと、転職先と勤務条件について交渉したそうです。

・週4.5日勤務

・当直は月2回、土日は免除

・当直明けは外来のみ

・オンコールは月7回

としたそうです。結果、以前の勤務と比べて余裕が生まれ、週1回のバイトもできているとのことです。

ですので、「急性期はもう無理…」と思った時点で、「療養型病院に行くか」という選択肢以外にも、「勤務条件を制限した上で現職場での交渉or転職」するという選択肢もあるというのは頭の片隅に置いておくとよろしいのではないでしょうか。

なお、なかなか交渉が難しいということもあったりしますので、ぜひリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどにご登録の上、転職エージェントにご相談をしていただくことをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。