「学閥の色の濃い」企業の産業医を経験して思うこと【産業医転職】

スポンサーリンク

「他大学のジッツ(関連病院)に勤務するのってどう?」といったことが医師の掲示板に質問が掲載されていたりします。要は、学閥の色の濃い病院に、他大学出身で勤務するのはどうか、という質問です。

私はそうした関連病院に勤務したことがないのですが、とある大企業で産業医として勤務した際に、かなり「学閥の色が濃い」と感じていました。関連病院ではありませんが、企業においても大学病院と関係性が密であるところがあったりするわけです。

その企業では私以外に2人の産業医が勤務していたのですが、その2人はともに同じ大学病院所属で、そちらから派遣されてきていた医師でした。

ちなみに、私の前任者もその大学出身、所属でした。そこからの派遣でまかなえなかったのか、私が雇われることになったわけですが、正直、居心地はいいものではありませんでした。

というのも、私以外の産業医と比べて出張が多かったり、仕事の評価面でも「扱いが違うなぁ…」と内心思っていました。もちろん、そこに溶け込めるドクターもいるのでしょうが、私の後任の医師もほどなくして退職しているという事情を考えれば、同じようにその医師も感じていたのかな、と思っています。

そうしたこともあり、私は「学閥の色の濃い病院・企業」は避けようと思っております。ここら辺の事情は、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントはよくご存知ですので、ご相談されることをオススメします。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医転職の成功ハウツー
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました