仕事によるストレスを慢性的に抱え続けることでなくなる自覚症状【医師転職】

スポンサーリンク

私が後期研修医をドロップアウトする直前、ストレスを慢性的に抱え続けて、今振り返ると色々とおかしなことをしていたな、と思います。

・「朝が来て欲しくない」と理由で深夜まで延々とオンラインゲームを寝落ちするまで続けていた。

・甘いもの、ジャンクフードの過食

・吐くまで飲み続けて、挙句に泣く

・シャワーを浴びながら大声を出す

・占いにハマって、毎日のようにチェックしてしまう。

・2chの研修医を辞めたい人たちが集うスレッドを延々と見続ける。

などなど、今振り返ってみると「病んでいたんだなぁ」と思いますが、当時はあまりその自覚がありませんでした。

メンタル疾患でも、いわゆる自分自身が病気であるという認識、「病識」がない方がよりまずい状態であると思いますが、まさしくそのような状態だったのではないでしょうか。

私は転職をしてようやく「変だったな、自分」と気づいたわけですが、やはりストレスの渦中にいるとなかなか気づかないものだと思います。

もしふと、自分を客観視して「変なことしてない?」と思うようなことがありましたら、やはりその時は転職を行ってみるといったことが必要だと思います。

しかしながら、また同様にストレスフルな職場に転職しては元も子もないですので、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアの転職エージェントに相談しつつ転職活動を進められることをお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

私の転職経験談
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました