「臨床医が向いていない医師」はそのことを学生時代・初期研修で薄々自覚している説【医師転職】

「臨床医が向いていない医師」というのは実は一定数存在し、「産業医などの臨床医以外の別の道を歩む」以外にも、実は「自覚しつつも臨床医を続けている」という方が結構多いのではないかと思っています。

やはり医師になった方は真面目な方が多く、「医師たるもの、臨床医であってこそ」的な考えにより、結果として臨床医を続けておられるのではないでしょうか。

ですが、私を含め「臨床医に向いていない」方々は、恐らく初期研修医時代、もしくは早い人ですと学生時代に「向いていない」ということを薄々ですが自覚しておられると思います。

たとえば学生時代、座学の授業・ペーパー試験ではそうしたことは自覚しませんでしょうが、臨床実習があります。そこで、

・他の学生はすんなりと指導医と実習を行っているのに、一人だけコミュニケーションが上手くとれず、浮いてしまっている。

・指導医が「お手伝い」して欲しいと思っているようなことを、先回りしてサポートするようなことが極端に苦手。

・患者さんと何を話していいか分からず、患者さんに気をつかわせてしまっている。

・ボーッとしていることが多く、時間がただ過ぎるのを待っているような様子。

・とりあえず出席とレポート提出のみは行い、単位を取得しようと考えている。

などです。特に指導医や患者さんとの関係性を上手く構築するのが苦手だったり、指導医のお手伝いが上手くできないといったことが挙げられるかな、と思っています。

私としては、「こういうのは、部活を中高でやってきたやつは上手くできて当たり前だよな。私はやってこなかったし、そりゃできないよな」と、後天的な経験値の差だと思っておりましたが、そもそもの先天的な適性があって、その適性がなくて私は部活をやってこなかったと後になって気づきました。

こうした同期との差は歴然とあったまま、「その内、なんとかなるだろ」と思いつつ初期研修に突入しましたが、結局2年経っても何も変わりませんでした。特に、「先輩や上司を立ててフットワーク軽く働く」といったことがとにかく苦手でした。

恐らくこうした私の欠点のせいで、患者さんやコメディカルとの関係性構築の部分でも上手くいかなかったのではないか、と思います。さらには、「とにかく病棟、外来、医局のどこにいるのも苦痛」「救急対応、時間外呼び出し、オンコール、当直が苦痛」などなど、様々なことに苦痛やストレスを抱え、結局は臨床医を辞めています。

学生時代、初期研修医時代を振り返ってみて、上記のような傾向があってストレスを抱えておられるようでしたら、「臨床医、向いてないかも」と思って別の道を考えてみるのも手ではないでしょうか。

私の場合、「リクルートドクターズキャリア」で相談して臨床医から産業医への転職を行い、さらにはその後、別の企業に転職する際には、「エムスリーキャリア」に相談しております。無料ですので、ご気軽にご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。