医師から医療系コンサルタントへの転職はありかなしか?その後のキャリアアップとは?【医師転職】

医療系コンサルタントとは、クリニックや病院などの医療施設を対象として再建や改革、再編成などのコンサルティング、または企業での健康経営支援などを主に行うコンサルタントとここでは定義しますが、臨床医からこの医療系コンサルタントへの転職は実際のところどうなんでしょうか?

こうした医療系コンサルタントの大手「MEDIVA」の募集要項(メディヴァ採用サイト)を見ますと、まず年俸制で1,000万円~1,400万円+業績連動賞与 年2回の報酬となるとのことです。

業務内容としては、
・コンサルタントとして、世田谷区用賀(本社)及び国内外クライアント先(医療機関、企業等)
・医師として、医療法人社団プラタナスの分院(外来・訪問診療)、クライアント先医療機関(外来・病棟・訪問診療)

となっており、主にこの2つの業務を担当するようです。「医師兼コンサルタント」として業務ができるようです。

さて、こうしたコンサルタントとしてのキャリアですが、MEDIVA退職後は、「独立起業」「臨床医に戻る」「開業医」といった道を辿っているようです。コンサルティングを学ぶことによって、経営についての知識・経験を習得することができ、自ら経営者にといったキャリアアップが考えられるでしょうか。

結局のところコンサルタントとして長く在籍する、という目的での入職ではなく、「退職後」を見据えて学び・経験を積みに行くといった意味合いが強いようにも思います。それを承知で飛び込むかどうか、といったところでしょうか。

こうしたことから、「コンサルタントになる」という強い意志を持って入職するのであればオススメかと思いますが、「臨床に疲れてしまったから」「臨床医であることに嫌気が差したから」といった逃避型の転職をすることでは、あまりオススメできないと思います。

臨床から離れたいということでしたら、産業医や社医などの道もあります。さらに言えば、そこから長くそうした道を歩んでいくことも可能です。また、臨床医を続けながら当直回数を減らす、残業を減らす意味での転職も可能だと思います。

もしそうしたキャリアチェンジや転職をお望みということでしたら、私も臨床医→産業医への転職でお世話になりました「リクルートドクターズキャリア」や、その後の産業医転職でお世話になりましたエムスリーキャリア」といった人材紹介会社にご相談されてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。