風邪・インフルエンザ予防のための手洗いで重要な4つのポイント

風邪・インフルエンザ予防というと、「手洗い・うがい・マスク」などが頭に浮かぶかもしれませんが、特に手洗いは重要であると言われています。というのも、手にウィルスが付着し、体内へ入り込むケースが多いからです。

手洗い

その手洗いをする上で、重要なポイントとして、以下の様なものがあります。手洗いをしっかりして、風邪などを引かず、体調管理に務めていただければと思います。

1) 洗い残しが多い3ヶ所

洗い残しが多いのは、
・指の間
・指先
・手首
だそうです。特に親指は、子供だけでなく、大人でも洗えていないことが多いため、しっかりと洗いましょう。指先は特に重要です。爪を反対側の手のひらにこすりつけるようにして、しっかりと洗いましょう。

2) ハンドソープの使い方

できれば薬用せっけん・ハンドソープをご用意いただければと思います。そのせっけんやハンドソープを、しっかりと泡立てて手洗いすることが重要です。

きめの細かい泡は、表面積が大きくなるため、効率よく汚れを包み込むことができ、その分、除菌には最適と考えられます。手指をこすりあわせ、泡立てることを意識して手洗いをしてみてください。

3) 自然乾燥はNG!清潔な布やハンドペーパーで拭く

トイレなどで、水をピッピッと切り、あとは自然乾燥…という方も見かけることが多いですが、これはNGです。さらに、「髪の毛をスタイリングして拭く」なんてのはもってのほか。せっかく洗ったのに、再びばい菌がつきやすいと言われています。

清潔なハンカチ、ハンドタオル、ハンドペーパーなどですみやかに拭くようにしましょう。

4) 手あれにはご注意を

手あれで、細かいキズがついていると、そこからばい菌が入り込みやすかったり、菌がそこに住み着く場所になりやすいと言われています。

特に冬場の乾燥する時期には、ハンドクリームなどを使用するなど、手あれを起こさないよう、ご注意ください。

以上です。風邪やインフルエンザだけでなく、食中毒予防にも手洗いは重要だと言われています。特に料理前や、食事前、トイレ後には、しっかりと正しい手洗いをするよう、習慣づけていただければと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。