風疹が大流行の兆し-ワクチン接種歴のない30~40代男性は要注意!

Aナーシングの『風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな』を読んでいて、「たしかに2013年にも流行ったなぁ」ということをおぼろげながら思い出しました。

現在、
・今年の風疹患者数は昨年1年間の5倍を超える496人に達した。
・関東地方を中心に感染が拡大
・2013年の大流行年では、患者が1万人を超えた。
とのことであり、「2013年の再来か」と危ぶまれているようです。

また、2013年では「30~40歳代の男性が風疹罹患者の77%を占めた」とのことであり、今回もまた同様に、「30~40歳代の男性が多い」というパターンのようです。2018年現在、39~55歳は定期接種として風疹ワクチンを接種していなかった世代であると考えられます。

そもそも、麻疹・風疹混合ワクチンは1988年より麻疹・流行性耳下腺炎・風疹混合ワクチン三種混合ワクチンとして始まったものの、ムンプスワクチンを原因とする無菌性髄膜炎の副反応が想定以上に多く発生したため1993年に中止。

その後、麻疹・風疹混合ワクチンとして接種開始となった2006年4月から再び接種されるようになったため、この1993~2005年の空白の期間により、「ワクチン打っていない世代」が存在するわけですね。

よって、「1962~1978年生まれは要注意」ということになり、ワクチン接種が望まれるとのことです。

風疹と言えば、妊娠可能年代の女性であれば先天性風疹症候群、発熱や発疹、関節痛、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などなど、看過できない症状・合併症もあるということは伝えた上で、ワクチン接種をするよう広めていきたいと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。