産業医の採用時面接で「転職を決めた理由は?」という質問へのNG回答

産業医として働いていて、前職を退職して採用時面接に臨んだ場合、「転職をしようと決めた理由は?」という質問は結構難しいです。

もちろん、前職で、契約更新がなされなかった場合なんていうこともありますが、その場合も正直に伝えるという人はいないでしょう。そこで、契約期間延長を自ら望まなかったという形で転職活動をしていると言うことになると思われます。

さて、この質問でよく答えてしまいがちですがNGなのが、「前職への不満をストレートに答えてしまう」ということだと思います。

・他の産業医や保健師、人事労務担当者との人間関係のトラブルがあった。

・企業側と仕事の方針が合わなかった(自分の意見が通らなかった、聞き入れてもらえなかった)。

・待遇に不満があった。

などなど、こうした前職への不満をストレートに伝えてしまうのは避けた方がよろしいでしょう。「また同じように、入職しても自己都合で辞めちゃうのでは」と思われてしまう可能性が高いです。

「身勝手で、自分の都合ばかり考えているのでは?」といった懸念を抱かれたり、「あれやこれやと不平不満、自分の意見ばかり言う人では?」と面倒な人、といった印象を抱かれることも考えられます。

ですので、こうした「前職への不満」といった形ではなく、「次の職場でどんなことをやりたいか」といった前向きな理由で回答する方がベターだと思います。

実際、私も前職では近場ではありましたが、関連会社への安全衛生委員会出席などが多かった点や、人間関係でストレスを抱えていた点が転職の大きな要因でしたが、その点は飲み込み、伝えることはありませんでした。

関連会社は少ないと知っておりましたので、「前職では本社近郊でしたがやや出張が多く、なかなか落ち着いて社員さんと向き合う時間をとることができませんでした。しかしながら御社ではそうした時間をしっかりととることができると思い、応募させていただきました」といった形で、転職理由、志望理由をセットで説明しました。

もしこうした採用時面接のご不安を感じておられるようでしたら、転職支援会社の「リクルートドクターズキャリア」の転職エージェントにご相談いただくことをオススメします。私も、採用時面接前には色々と相談に乗っていただきました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。