【医師転職】臨床医から産業医になる上で志望動機をどう答えるべきか?

【医師転職】臨床医から産業医になる上で志望動機をどう答えるべきか?

産業医の転職、特に「臨床医から産業医」への転職ですと、とある質問をされることがあります。

その質問とは、「どうして産業医になろうと思ったんですか?」というものです。「どうして臨床医から産業医へと転身したのですか?」ということは、やはり企業としても関心のあるところのようです。特に、若くして産業医になろうとした場合、よく訊かれます。

もちろん、強い動機があって産業医に、ということならば別ですが、「当直、オンコールがないから」「臨床医より楽そうだから」という方ですと、ちょっと言葉に窮してしまうかもしれませんね。

この質問の意図としては、「産業医になって何をしたいの?」というところにあり、引いては企業が求める産業医像と合致するか否か、ということでしょう。

そもそも、臨床医と産業医の違いとはなんでしょうか?

平たく言いますが、臨床医が「患者を一名単位で診て、治療を行う」に対して、産業医は「社員を個人や集団で診て、健康や安全に配慮した上で働いてもらえるようにする」わけです。要はこうした業務内容に興味関心があるか、適性はあるかを面接で判断されるわけです。

こうした視点に立つと、「予防医学に興味ある?」「医療関係者ではない社員と、ちゃんとコミュニケーションをとって仕事してもらえます?」「病院から離れて、会社のルールに則って働いてもらえます?」といった点に合致する理由を挙げるのが好ましいと思われます。

たとえば、
・身近な人が生活習慣病を重篤化させて、予防医学に興味を持った。
・外来を担当していて、生活習慣の改善を行う重要性に気づいた。
・自分の長時間勤務により、働き方と私生活たのバランスの重要性を見直し、社員の方々の健康を守りたいという意識を持った。
・(精神科医であれば)診療を行う上で、職場でのメンタルヘルス改善に興味を持ち始めた。

などが挙げられます。あとはエピソードで肉付けするなどしていただければ、よろしいのではないでしょうか。

もし面接対策にご不安であれば、私も転職時に利用させていただいた求人紹介会社である下記の二社にご登録・ご相談されてはいかがでしょうか。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

無料で親身になって相談に乗ってくださり、転職時にも大変お世話になりました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。