「働き甲斐がない…」と感じている社員への対応【産業医マニュアル】

Aナーシングに「「私の仕事に意味あるの?」と感じたら」という記事が掲載されていました。

そもそも、仕事への負担感は、以下の9つに分類されるそうです。

1) 心理的な仕事の負担(量)
2) 心理的な仕事の負担(質)
3) 自覚的な身体的負担度
4) 職場の対人関係でのストレス
5) 職場環境によるストレス
6) 仕事のコントロール感のなさ
7) 技能の活用できなさ
8) 仕事の不適性感
9) 働き甲斐のなさ

この中に、「働き甲斐のなさ」というのも含まれるそうです。他の要因に比べ、直接的には分かりにくい内容ですが、具体的には

・仕事への誇り
・仲間との連帯感
・組織への貢献感
などが欠けていると、感じやすいようですね。

たとえば、「ずっと単純な入力作業ばかり…」(仕事への誇り)「誰にも感謝されている感じがしない、同僚との繋がりを感じられない…」(仲間との連帯感)「私の仕事って、会社に役立っているの?」(組織への貢献感)といったものがありますと、働き甲斐のなさを感じてしまいがちだということのようです。

そこでの解決策として、「想像力」が大事とのことです。要は、「自分の仕事が回り回って、ちゃんと役に立っている」ということを想像できるかどうか、そこにかかっているとのこと。

これを読んで私が思ったのは、あの伊丹十三監督の逸話を思い出しました。映画の食卓シーンで使うため、カレーを用意するように命じられたADがいて、このADが「俺は映画を作りたいんだ。なんでカレーなんか作らされるんだ」と思いつつ、不満げな顔でカレーを作っていたそうです。

伊丹十三監督はそのADを見かけ、「このカレーは、映画に必要なんだ。君はカレーを作っているんじゃない、映画を作っているんだ」と諭したそうです。まさしく「想像力」が大事だというエピソードですね。

ただ一方で、産業医としては、「社員にとって、ミスマッチな仕事の可能性はないか?」というのも気になるところです。別の部署なら満足して、力を十分に発揮できる可能性があるなら、異動も検討すべきではないかとも思いますね。

不平不満が多く、異動しても文句を言い続けている場合は諭すことも考えるべきかな、とは思いますが、複数の部署があって異動可能である場合は、人事に相談して、別の仕事をしてもらうことも手ではないでしょうか(上記の記事は、看護師さん向けの記事のため、異動を検討するといったことは考慮していないようですね)、と思った次第です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。