産業医が転職する上でチェックしておきたい「求人情報」には書かれていない3つのポイント

転職支援の会社に登録し、希望条件をお伝えすると求人情報が送られてきます。その求人情報ですが、産業医の求人ですと、「企業名」「業種」「勤務日数(週4・5日勤務など)」「年収」「業務内容」などは記載されていますが、大事な他の情報は記載されていません。

今回は、そんな「求人情報」には書かれていないけれども、ぜひチェックしておきたいポイントについて書いてみたいと思います。

産業医の人数、保健師の有無

企業の大きさによっては、産業医が複数名いて統括産業医と勤務することもあります。ここは分かれるポイントですが、「他の産業医と一緒に働きたい」「できれば一人体制で産業医として働きたい」というそれぞれの希望があると思われます。

また、保健師が置かれていて、一緒に勤務するところや、保健師がいない企業もあります。この点も「保健師と一緒に勤務したい」「いや、産業保健スタッフは要らない。自分だけでやりたい」という希望が分かれてくると思われます。

前任の産業医の勤務年数

これは特に複数名の産業医がいる企業では重要なポイントですが、あまりに前任の産業医の勤務日数が短く、コロコロと変わっているようですと、要注意です。

ちょっと気難しい統括産業医がいるケースや、人事労務担当者が「あの産業医は使えない」などと判断してクビ切りをしている可能性もあったりします。

イレギュラーな出勤日はあるか

基本的に産業医ですと、研究日や土日・祝日は休みであることが多いです。ところが、工場のある企業ですと「祝日は基本出勤日です」ということや、「どうしてもシフトの都合で、夜勤の社員の面談を夜間に行っていただきたい」ということがあったりします。

その他、私も実際にありましたが、「産業医にこの会議へ出席してもらいたく、研究日であっても出勤してもらいたい」といったことがありました。

こうしたイレギュラーな出勤日があるかどうかというのはあらかじめ確認しておいた方がよろしいでしょう。

以上です。
実際、私もこうしたことは採用面接前に確認するようにしていました。ただ、なかなか自分からは質問しづらいところですので、

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

といった転職エージェントを介して質問していただいていました。ご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。