【産業医の転職】採用時面接の前に企業情報をチェックするのに役立つサイト

産業医の採用時面接で、「弊社のことをご存知ですか?」と訊かれることが多いと思います。やはり病院への転職とはここが大きく異なる点で、何を取り扱っている会社なのか、どんなサービスを提供している会社なのかなど、業種によっても千差万別です。

当然、会社のことを知っていて入職してもらいたいわけですから、「弊社のこと、ご存知ですか?」「すみません、企業名を聞いたことぐらいしか…」という回答は避けたいところです。

そこで今回は、採用時面接の前に企業情報をチェックするのに役立つサイトについてご紹介したいと思います。なお、企業のホームページ自体は今やチェックするのは当たり前と思われますので、以下ではあえて記載していませんが、必ず見ておきましょう。

総合就活ナビサイト

就活情報サイトは、会社概要などが簡潔にまとまっていることが多く、まず簡単に企業情報を見ておくにはうってつけだと思われます。

キャリタス就活2021

マイナビ

リクナビ

などがあり、特にキャリタスは事業内容や企業の特徴が簡潔にまとめられており、私としてはオススメです。

就職・転職口コミサイト

就職・転職口コミサイトも見ていると、その企業の良い評判、悪い評判ともに見ることができて、「その企業のリアル」が垣間見えることがあります。

カイシャの評判

OpenWork

などは実際に入職した人が書いているような記述が多く、参考になると思われます。

ちなみに、私も入職前に口コミサイトで評判を読んでいましたが、入職後にもその情報は役立ちました。採用時面接対策だけでなく、社員との面談でも有用でした。

株式投資の情報サイト

上場企業に限り、ということにはなってしまいますが、株式投資の情報サイトも参考になります。

Yahoo!ファイナンス

SBI証券

などがあり、ついでに経営状態などについてのコメントを読んでおくと、入職するか否かの判断材料になるのではないでしょうか。

以上です。
もしさらなる企業情報が必要ということであれば、転職エージェントに確認しておきましょう。

私が実際にサービスを利用させていただいた

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

では、会社のカラーや雰囲気など、求人票には記載しづらい内容も詳細に教えていただけましたよ。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。