転職で上手くいかない時こそ「自己肯定感」が大事だと思う理由【臨床医→産業医転職】

私は臨床医から産業医で1回、そこから産業医として企業を2回変えておりますので、計3回の転職を行っております。

その3回の転職で、一度たりとも「楽勝だったな」などと思うことはありませんでした。まず臨床医から産業医になった時も、当然、未経験だったということもあり、求人をなかなか紹介してもらえない(先方の希望で、経験者を求められていたということだと思われます)という事態に陥っていました。

ですが、「リクルート ドクターズキャリア」に相談している中で、ようやく一件、ご紹介いただけることができ、縁あって入職できました。

その後、契約終了や自己都合退職を経て現在に至るわけですが、二回目の転職では3社、三回目の転職は5社受けてようやく入職できたという結果でした。当然、内定をいただけない企業の方が多いわけで、ことごとくダメだった時の絶望感たるやありませんでした。

その中で「臨床医に戻ろうかな…」と思ったこともありました。ですが、「リクルート ドクターズキャリア」さんや「エムスリーキャリア」さんなどのキャリアエージェントの励ましもあり、現在も産業医を続けられているという次第です。

「内定がもらえない…」という状況ですと、どんどんと悪い方に考えがちです。面接を受けても「きっとダメだ…」と自信のなさが返答に出てしまうこともあります。書類選考ですら通らない時はさすがに落ち込みました。

ですが、そういった時こそ「今までどんな仕事をやってきたのか、頑張ってきたのか」を振り返り、「自己肯定感」を保つことが大事だと思うのです。自信がなく、暗く落ち込んでいる人を雇ってくれるところなどないはずです。

最後の最後、自分の味方は自分自身だけです。内定をいただけなかった企業は「縁がなかっただけ」と忘れ、これから出会える企業とどんな仕事をすることができるのか、それを楽しみに面接に臨んでみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。