【ラインケア講話に使える!】後輩・部下の「やる気が奪われる」「やる気を出させる」言葉TOP10

ソニー生命保険株式会社がまとめた「社会人1年目と2年目の意識調査2019」に、社会人1年生・2年生のやる気を奪う、やる気を出させる言葉が掲載されていました(図表も引用させていただいています)。

「ラインケア」とは、部長・課長など管理監督者である上司が、部下への指導・相談を行ったり、職場環境改善を行うことです。産業医ですと、このラインケアの講話を実施することもあると思われます。そうした講話で利用できる内容であると思われますので、ご紹介させていただきます。

やる気が奪われてしまうセリフTOP3には、

1位「この仕事向いてないんじゃない?」(31.0%)
2位「やる気ある?」(25.5%)
3位「ゆとり世代だなぁ」(23.7%)
のような言葉が並んでいます。イラっとしたタイミングについ出てしまう言葉で、気をつけたいところですね。

その他、「そんなことは常識でしょ」(18.2%)「前にも言ったと思うんだけど?」(14.0%)「ちゃんと考えたの?」(13.3%)など、知識不足・能力不足を指摘する言葉も気をつけた方がよろしいそうです。

一方、やる気を出させる言葉TOP3としては、

1位「君がいて助かった、ありがとう」(43.0%)
2位「本当によく頑張った」(30.7%)
3位「何でも相談してね」(25.8%)
だそうです。

その他、失敗した時のフォローとして、「次は必ず成功するよ」「失敗は成功のもと」「コツを教えるよ」などといった言葉があり、念頭に置いておくとよさそうですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。