会社からも求められる人材で、待遇も悪くなく、人間関係も良好…という社員が辞めた理由【産業医マニュアル】

とある専門職の社員さんが「先生、このたび辞めることになりまして」とご挨拶に来られました。優秀な方で、まさしく会社からも求められる社員さんでした。

待遇も悪くなく、業務負荷も高すぎるというわけでもありませんでした。また、人間関係も良好で、上司とも上手くやっていました。その方が「なぜやめるのか?」と疑問に思い、「どうして辞められるんですか?」と質問しました。

その結果、「正直な話…前職と比べて、こちらは素人集団という感が否めません」とのこと。要は、同僚や上司たちを前職での社員さんたちと比べると、レベルの差が歴然としてしまい、プロ野球チームと草野球チームほど違うとのことでした。

いくら会社から求められていようが、「レベルの差」というのがありすぎると、やはり会社を辞める原因となるようです。たしかに、提言をしても「上司が響かない」ということも多かったようで、その点はたしかに辛かったのかな、と思います。

私としては、草野球チームこそ、ミスもあれば不調・好調の波も激しく、「応援したくなるなぁ。ハラハラして楽しいし、このチームを見ていたいなぁ」となるわけですが、やはりそんな人ばかりではないようです。

以前、産業衛生スタッフを雇う際、企業の採用担当者が「ウチとはカラーが合わないかもなぁ」と難色を示していましたが、その応募者の経歴を見ると「素晴らしい」と思わず言ってしまうほど華々しかったのを思い出しました。「なるほど、こういう落とされ方もあるのか」と思いましたが、やはりハイスペック過ぎても「企業とアンマッチ」ということはあるようですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。