「耐えるべきか、転職すべきか…それが問題だ」という二択での考え方には賛同できない理由【医師転職】

現在、勤務している場所で辛い思いをしていた場合、「耐えるべきか、転職すべきか…」と悩むお気持ちは分かります。実際、私も後期研修医時代に「どうしようかな…このまま留まるべきか、それとも転職しようか…」ということばかり考えていました。

ですが、あまりそのような二択で考え続けるのは好ましくないと思います。というのも、たとえば不眠症状などに悩まされ、そのまま心身を削られるように摩耗させていった場合、「結局、辞めざるを得ない」という結論になるしかないと思われるからです。

もちろん、転職することは否定しませんが、「その前に、今の職場でできることはないか?」という思考に切り替える方が大事であるように思うのです。私の場合ですと、

・先輩医師たちが辞めていき、結局、外来や病棟管理業務が増えた。

・苦手な救急対応、当直、オンコール担当の回数も増えた。

・医長に注意を受ける回数も増え、避けるようになって相談もできなくなってしまい、業務を抱え込むようになった。

などの問題がありました。そこでまずは、医長に自分の体調や業務上の問題点を相談できていたら、退職する時期ももう少し変わっていたのではないか、と思います。

自分自身の置かれている状況、体調、業務上の問題点などを客観的な視点から整理し、どのような対応をすべきか動き出す、ということをやってみる。考え、悩み続けることをやめて問題解決のために一歩踏み出してみる、ということも「耐えるべきか、転職すべきか…」と悩み続けるだけでなく、必要なことだと思うのです。

ただ、こうしたことをやってみても、結局は解決されずに「現状維持」せざるをえないという職場も存在します。マンパワーが不足していたら、業務負荷軽減がなかなか図れないのも事実です。

そうした場合は、やはり「転職する」という解決策を考えてみることも必要だと思います。ただ、いきなりそうではなく、「まずはできることを探ってみる」という方が、転職に際して後悔は少ないと思います。

もしこれから転職活動を、ということでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアにご登録いただき、転職エージェントにまず相談されてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。