「海外赴任を行う社員」の健康管理を行う産業医にオススメな良記事

NNA ASIAに掲載されている「【プロの眼】海外駐在に不可欠となったメンタルケア」という記事ですが、ぜひ「海外赴任を行う社員」の健康管理を行う産業医にオススメしたいと思います。

書いていらっしゃるのは、臨床医を経て外務省医務官としてスーダン、フランス、セネガル、中国に合計12年間在勤されたという勝田吉彰先生。さすがの経歴に裏打ちされているだけあって、大変勉強になりました。

私も海外赴任を行っている社員の健康管理を行っていた時もあり、その時はメンタルヘルス疾患を発症して帰国、という方も中にはいらっしゃいました。そうしたことを事前に防ぐためにはどうしたらいいのか、という視点から非常に参考になります。

小見出しだけを列挙しますが、
1.海外駐在の時間は「超多忙」と「所在なき時間」の混在
2.「超多忙」は過重労働と隣り合わせ
3.「所在なき時間」に口を開けるアルコール問題
4.2~3カ月目にやってくる危機
5.欠かせない現地事情の把握と「フォローの仕組み」

とあり、海外赴任を行った社員との面談で聞く内容がとてもコンパクトにまとまっていました。

特に「これまでとは異なる環境に移ったとき、最初の生活立ち上げの時期を過ぎた着任数カ月後に危機的な時期”不適応期”がやってきます」「送り出した後は、担当者を決めて定期的に連絡・声を聴いて現状を把握する必要があります。ぜひその体制を構築してください」というのは、とても大切なことだと思われます。

このエントリーだけではなく、

【プロの眼】異文化への適応パターン、不適応期から諦観期を経て適応期へ

【プロの眼】海外赴任とアルコール問題

【プロの眼】送り出した海外駐在員をフォローする“仕組み” 定期的に電話で声を聞く、早期発見が大事

などもあり、こちらもオススメです。

付記

もしこうした産業医業務にご興味があり、「産業医をやってみたい」という臨床医の皆さん、私も転職時に利用させていただいた求人紹介会社である下記の二社にご登録・ご相談されてはいかがでしょうか。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

無料で親身になって相談に乗ってくださり、転職時にも大変お世話になりました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。