4月から専攻医(後期研修医)という方に!オススメのバイトの見つけ方

初期研修では原則バイト禁止であり、そもそも初期研修医を雇おうという病院も少ないでしょう。ですが、初期研修を修了し、専攻医(後期研修医)となりますと、バイトが可能となるところも少なからずあります。

私の回りですと、大学で後期研修をしていた同期を中心として、3年目でも当直バイト、透析バイトに勤しんでいたようです。

さて今回は、専攻医(後期研修医)のバイト探しについて書いてみたいと思います。

非常勤とスポットのメリット・デメリット

バイトには非常勤、スポットがあります。「非常勤」は、たとえば「週に一回、病院の外来を受け持つ」「週に一回、当直バイトを行う」といった定期的なバイトです。原則的に同じ病院で、決まった外来、当直、病棟管理業務などを行います。

非常勤バイトのメリットとしては
・同じ病院で、慣れた環境、スタッフで働ける。
・毎回、求人募集先を探す必要がない。
・安定的な年収upが臨める。

一方、デメリットとしては、
・毎週バイトが入っているような状況であり、自由な時間は減る。
・欠員を出してしまう状況となり、休みづらいところがある。
などでしょうか。

一方、スポットバイトは基本的に「一回だけ」のバイトです。外来、当直、病棟管理業務などでそれぞれ、一回こっきりの募集があります。

スポットバイトのメリットは、
・好きな時にバイトを入れられる。
・勤務条件(年収、勤務時間など)を毎回選ぶことができる。

デメリットとしては、
・異なった環境で、毎回、慣れない職場となる。
・求人に波があり、なかなか募集がないことがる。
・募集先を毎回チェックする必要がある。

研究日がある場合のオススメバイト

週に1日、研究日として丸々空いているという先生もおられるでしょう。その場合は定期的にバイトができるということでもありますので、非常勤バイトを考えてみてはどうでしょうか。

ただ、当直バイトなどですと、「翌日の勤務に間に合うかどうか…」といった心配もあるでしょうから、「1日(半日)外来バイト」もしくは「1日(半日)病棟管理バイト」などはいかがでしょうか。

研究日がない場合のオススメバイト

研究日がありませんと、「研究日に定期的なバイトを入れる」ことができません。そのため、「土曜日の午前中もしくは午後の外来バイト」「土曜の夜~日曜の朝までの当直」といったことが多いのではないでしょうか。

また、祝日に当直やオンコールが入っていなければ、そこにスポットのバイトを入れるといったこともできますね。定期的な土曜半日バイトに、祝日スポットを組み合わせるということもできそうです。

バイトを行う上での注意点

病院によっては、バイト禁止のところもあります。その場合、バイトを行っているとバレてしまいますと、処罰の対象となり、最悪、専攻医の研修を続けられなくなる可能性もあります。

やはり、「隠れてバイト」というのは避けるべきです。禁止されている場合は、専攻医修了後、ぜひバイトOKな病院を探した上で勤務するようにしましょう。

専攻医(後期研修医)のバイトを探しやすい求人サイト

専攻医(後期研修医)を敬遠するような病院もありますが、逆に「専攻医(後期研修医)OK」と謳っている求人もあります。そのような求人を見つけやすい転職支援会社もあります。
特に、「民間医局」は専攻医のバイト支援を手厚く行っているとホームページ上に掲載されています。

もし「専攻医だから…」と二の足を踏んでおられるようでしたら、こちらでご登録・ご相談されてはいかがでしょうか。

その他、私も産業医一年目の時にバイトを紹介してもらったのが、「リクルートドクターズキャリア」さんです。

こちらも親身になって相談に乗っていただけました。まずはこういったところから探してみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。