医師の当直バイト中の「お見送り」はすべき?しなくていい?

当直バイトをしておりますと、入院患者・入所者の方がお亡くなりになることもあります。もちろん、救命措置不要でBSCという方々が多く、そのままお看取りするということがほとんどです。

死亡を確認した後、連絡を受けたご家族がいらっしゃり、さらには葬儀会社がやってくるわけですが、そこで「お見送り」をすべきかどうか、という問題があります。

もちろん、やるに越したことはないですが、その一方で「今まで一度も診察もしていない患者さんなので…」と、お見送りはしなくてもいいんじゃないか、とお考えの先生もいらっしゃるようです。

もちろん、道義的にはやるべきかと思われますが、「どうしてもやりたくない」という場合は、次のような方法で確認してみてはどうでしょうか。

1) 担当看護師に質問

担当している看護師さんに、「お見送り、皆さんやられてます?」といったことを、軽く訊いてみるのもいいでしょう。

「皆さん、やられてます」「やる先生とやらない先生がいらっしゃいます」といった返答で、どうするか考えるのも手ですね。

2) 事務方の医師担当者に問い合わせ

バイトを始める際、あらかじめ事務方の医師担当者に「お見送りは、必ず医師の立ち会いが必要ですか?病院での取り決めはあるのでしょうか?」と質問しておくのもいいですね。

こちらも、「必ず立ち会っていただいております」「先生方にお任せしています」といった返答により、どうすべきか考えるとよろしいのではないでしょうか。

3) 人材紹介会社に質問

医師バイトドットコム」や「Dr.アルなび」といった人材紹介会社経由で紹介されている場合、あらかじめ「お見送りは…」と質問しておくのもよろしいでしょう。

直接病院側の事務方に問い合わせするのはためらわれる、といった場合は紹介会社に質問しておくとよろしいでしょう。

以上です。
お見送りに関しては、「必ずやるべき」「やらなくても…」と、先生方の意見も分かれるところのようです。

ただ、バイトですと自己判断というわけにはいかないでしょうから、まずは上記のような方法で質問してみてはいかがでしょうか。

関連記事

非常勤医師は「なんでも診ろ、何人でも診ろ」という要求の病院とどう折り合いをつけるべきか

医師の寝当直・オンコール待機バイトを効率よく見つける方法

医師のバイト情報、結局どこのサイトを見るべき?オススメは?

非常勤バイト先での「クビ切り」に遭ったら、すぐに次を探しましょう


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。