産業医の「根拠のない復職拒否・退職」で裁判に発展したケースの問題点-主治医の判断を仰ぐ必要性について

社労士組合職員の退職無効、横浜 産業医判断に根拠なし」によりますと、「パワーハラスメントで休職後、復職を認めずに退職扱いとしたのは不当」であるとし、2名の社員が横浜地裁に提訴し、横浜地裁は退職を無効と認め、未払い賃金の支払いを命じています。

注目すべきは、産業医が「統合失調症」「自閉症」と判断し、復職不可としたのは「合理的根拠がなく、信用できない」と指摘されている点でしょう。

そもそも産業医が「統合失調症、自閉症と診断」という点からして、やはり違和感を覚えざるを得ません。産業医であるならば、精神科受診を促し、主治医による診断・治療を受けた上で復職について検討すべきであったと思われます。

川崎市の大手通運会社勤務の社員が、産業医により3度の復職を認めない判断を下され、休職期間満了で退職に追いやられ、結果裁判となったケースにも同様の指摘があります。

実は、このケースでも「産業医が主治医との意見交換をしていないこと」が問題点として指摘されていました。独善的な判断で復職可否判定を行っていると、やはり痛い目を見ると思われます。

そこで、「根拠がない復職可否判断」と言われないためには、
1) 生活リズム表など、客観的に示すことのできるデータ収集
2) 面談記録を詳細につけ、復職が不可能と判断した場合は理由をしっかり記載しておく
3) 主治医の診断書が出された場合、疑問があれば「主治医意見書」の記載を依頼する。
4) 休職・復職を繰り返す社員であれば、復職に必要な条件(生活リズムが整っていて、定時勤務が可能、休職前の80%程度のパフォーマンスが出せる等)を明示し、クリアできているかしっかりと確認する。

…といったことが大事なのではないでしょうか。また、上記二つの裁判例でもあるように、やはり主治医との意見交換は今後、重要なこととなっていくでしょうね。

もしこうした産業医の業務にご興味がおありの医師の方々がおられましたら、

エムスリーキャリア

リクルート ドクターズキャリア

Dr.転職なび

などの医師専門の紹介会社にご登録いただき、求人先をご紹介いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。