健診判定で「HDLコレステロール高値」はどう判定すべきか

健診判定で、HDLコレステロール(善玉コレステロール、HDL-C)の場合、受診勧奨をすべきかどうか、悩むことがあります。目安となる数値、基準がはっきりとしておらず、「この数字…たしかに高いけど、どうしようか」と思っていました。

そんな中、慶應義塾大学衛生学公衆衛生学教室の研究で、「高すぎるHDL-C値は、動脈硬化性心血管疾患死亡と優位に関連した」と報告しており、非常に参考になりました(J Clin Lipidol 2018:12:674-684)。

この結果によると、
・HDL-C 90mg/dl未満群では優位な上昇は認められなかった。
・HDL-C 90mg/dl以上群では、動脈硬化性心血管疾患死亡リスクは優位に上昇した。
とのことです。

よって、「HDL-C 90mg/dl以上」の超高値HDL-Cは動脈硬化性心血管疾患死亡リスクとなりうるので要注意ということはしっかりと認識しておくべきと考えられます。

なお、日本動脈硬化学会によると、高HDL-Cへの対処としては、

HDL-コレステロール値が高い患者さんへはどの様に対応すればよいでしょうか?

・高HDL-コレステロール血症の患者を診た場合は成因を検索し、CETP欠損症を疑う場合は狭心症の有無の聴取、負荷心電図、頸動脈超音波検査などを施行することが望ましい。

・薬物療法に関して一定の見解はありませんが、動脈硬化を合併する場合には他の危険因子の軽減に努めることが大切です。

とのことです。特に受診勧奨を行い、CETP欠損症の有無は調べておくことは価値はありそうですね。

オススメ求人情報

もし産業医業務にご興味があり、常勤産業医を目指されるという先生方、もしくは転職をお考えの先生方で、求人情報をお求めでしたら、次のようなサイトがおすすめです。



関連記事

2018年秋の健診バイトシーズンが近づいてます-求人が充足してしまう前にぜひご応募を

健診アルバイト選びで後悔しないために注意したい2つのポイント

秋の健診アルバイト募集は8月後半から9月がピーク!急いで応募しましょう


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。