保健師は「社員の伴走者」、では産業医は社員・企業にとってどのような役割か?

西日本新聞に「【産業医が診る働き方改革】<31>保健師は社員の伴走者」という記事が掲載されていました。

産業医大教授である中谷淳子先生の寄稿文ですが、保健師は社員のとってのサポート役、相談役としての存在が大きいとのご意見が記載されていました。では、「産業医」はどんな役割があるのでしょうか。

産業医って何?その定義と業務内容について

産業医の役割とは何か?臨床医との違いについて

にも書いていますが、「労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める要件を備えた者」と定義されてはいますが、なかなかイメージしづらいですね。

中谷先生の文章のように、社員や企業との関わりで言うと、
・社員が安全・健康に働けるように企業側へと勧告する「健康管理を行う者としての役割」
・社員と企業、必要があれば主治医とも連携する「社員と企業との調整役」
・社員の健康状態について意見を企業側へと伝える「医学的な内容に関する翻訳・通訳者」
などといった役割があるでしょうか。これらの役目は同時並行的に行われることも多いと思われます。

今まで産業医業務を行ってきたところで言いますと、「調整役」としての役割が大きかったように思います。その傍ら、「診断書に書かれた主治医の意図」などを翻訳して企業へと伝えるといったことも多かったように思います。

もしこうした産業医の業務にご興味がおありの医師の方々がおられましたら、

エムスリーキャリア

リクルート ドクターズキャリア

Dr.転職なび

などの医師専門の紹介会社にご登録いただき、求人先をご紹介いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。