保健師は「社員の伴走者」、では産業医は社員・企業にとってどのような役割か?

西日本新聞に「【産業医が診る働き方改革】<31>保健師は社員の伴走者」という記事が掲載されていました。

産業医大教授である中谷淳子先生の寄稿文ですが、保健師は社員のとってのサポート役、相談役としての存在が大きいとのご意見が記載されていました。では、「産業医」はどんな役割があるのでしょうか。

産業医って何?その定義と業務内容について

産業医の役割とは何か?臨床医との違いについて

にも書いていますが、「労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める要件を備えた者」と定義されてはいますが、なかなかイメージしづらいですね。

中谷先生の文章のように、社員や企業との関わりで言うと、
・社員が安全・健康に働けるように企業側へと勧告する「健康管理を行う者としての役割」
・社員と企業、必要があれば主治医とも連携する「社員と企業との調整役」
・社員の健康状態について意見を企業側へと伝える「医学的な内容に関する翻訳・通訳者」
などといった役割があるでしょうか。これらの役目は同時並行的に行われることも多いと思われます。

今まで産業医業務を行ってきたところで言いますと、「調整役」としての役割が大きかったように思います。その傍ら、「診断書に書かれた主治医の意図」などを翻訳して企業へと伝えるといったことも多かったように思います。

もしこうした産業医の業務にご興味がおありの医師の方々がおられましたら、

エムスリーキャリア

リクルート ドクターズキャリア

Dr.転職なび

などの医師専門の紹介会社にご登録いただき、求人先をご紹介いただいてはいかがでしょうか。


オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。