認定産業医は全国で約10万人、毎年2300人ずつ増加ーその資格の使い道は?資格をもつメリットは?

スポンサーリンク

日医の認定産業医、19年1月に10万人の見通し 毎年2300人余りが新規登録」によりますと、認定産業医は全国で約10万人、毎年2300人ずつ増加しているそうです。

ただ、常勤産業医ないし専属産業医数ということではなく、「資格はもっているけど」という「開業医をしつつ嘱託産業医も」「認定産業医の資格を持っているだけで、勤務医」という方が大多数ではないかと考えられます。

また、最近では「増え続ける診療所勤務医、その背景事情は?」にあるように、診療所勤務医も多く、「嘱託産業医業務も行ってもらえるため、認定産業医を持っている人を優先的に採用する」というところもあり、認定産業医の資格は「とっておくと何かと使える」という状況になりつつあります。

もちろん、企業の常勤産業医になるということも選択肢となり得るでしょうけども、臨床を今まで続けてきた先生方にはハードルが高いでしょうね。その点、「開業しつつ」「診療所勤務の傍ら」産業医を行うということではハードルがかなり低くなり、お得感の高い資格であると思われます。

もしこうした「開業」「診療所勤務」をお考えであれば、取得をご検討してみてはいかがでしょうか。

なお、取得方法につきましては、下記にまとめています。

産業医になるには-条件、時間と費用について

認定産業医になるための「効率的・低予算」での単位取得方法

産業医の研修会の調べ方

また、もし非常勤産業医、ないし診療所勤務をご希望で求人紹介をご希望でしたら、

エムスリーキャリア

リクルート ドクターズキャリア

Dr.転職なび

無料でサービスを受けられる人材紹介会社をご利用されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました