「あの産業医、仕事してるの?何してるの?」と思われないために心がけたい3つのこと

産業医は自分で思っている以上に、周囲からは「どんな仕事をしてるのか?」ということが見えづらかったりもします。

人事労務担当者と定期的にやりとりをして、報告・相談をしているといったことがありますと「ああ、面談数をこれぐらいこなしてて、こんな進捗状況で仕事をしてるのね」といったことが理解されますが、それもないようですと、ますます「あの産業医、何をやってんだろう?安全衛生委員会ぐらいでしか見かけないけど」といったことにもなりかねません。

そうなりますと、年に一度の契約更新時期、「別の産業医に変えてみましょうか」などということになりかねません。

そこで今回は、自分の仕事を理解してもらう上で、心がけたい3つのことについて書いてみたいと思います。

面談実施数、面談での対応方針を人事労務に報告

たとえば月に一回、「長時間勤務者の面談を○件、健康相談の面談が○件、長期休職者の面談を○件実施しました」といった、面談実施数などはしっかりとカウントし、人事労務担当者に報告するといったことはしておいた方がよろしいと思います。

やはり「月に40~50件ほど面談している」といったことが数で具体的に示せますと、企業側としても「なるほど、面談はそれぐらいやってくれてるんだ」と分かってもらえます。

その他、長期休職者の面談を実施した際に、「ちょっとまだ復職は先になりそうです」「復職が間近になっています」「復職に際しては、異動を希望されています。人事面談をお願いするかもしれません」といった報告を行うことも重要です。

面談をしました…で終わりにしてしまいますと、企業側としても、「それだけ?こちらはどうしたらいいの?」と困ってしまいますし、産業医に給料を払って面談をしてもらったメリットがありません。やはり、こまめに面談後は報告・相談をしておいた方が「仕事しているな」と分かってもらえると思います。

フットワークの軽さをアピール

産業医として、人事サイドの困り事を相談されることは結構あると思いますが、そうした際は後回しにせず、速やかに対応して報告しておくことをオススメしたいと思います。

フットワークが軽く、すぐに対応してもらえるといったことになりますと、次の相談に繋がりますし、「仕事してます」という十分なアピールになります。

新入社員研修での講話などを依頼されることもありますが、そこではぜひ二つ返事で応えましょう。あまり難色を示して断ってしまうといったことですと、「頼んでも無駄」と頼まれなくなってしまいます。

会議の場では積極的に発言を

安全衛生委員会の他にも、「産業医の立場で意見をしてもらいたい」と会議出席を依頼されることがあります。

そうした会議の場で、「参加してればいいや」とは思わず、ぜひ積極的に発言しましょう。発言しませんと、「あの先生、呼んでも無駄だから」と呼ばれなくなってしまいます。

こうした会議では、複数の部署が携わることもあり、社内での存在をアピールする場でもあります。黙っているよりは、ぜひ発言しましょう。

以上です。
もし契約更新がなされず、クビ、というようなことがありましたら、上記の点をぜひ見直していただければと存じます。ただ、反省はしても落ち込まず、ぜひ次の職場を探しましょう。

私も実際、そのような憂き目に遭い、

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に転職先の求人を紹介してもらいました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。