面談で、産業医に対して社員が抱く「初対面の印象」を決めるものとは?【産業医マニュアル】

スポンサーリンク

面談をしている中で、複数の社員さんに「先生は話しやすそうな人でよかった」と言われることがあります。なぜそう思ったのか、といった話になりますと、「面談室に迎え入れてくれた時に笑顔だったから」といったことでした。

やはり、初対面の相手に抱く印象の中で「どのような表情をしていたのか」というのはとても大きな要素のようです。

そのこともあってか、私も人見知りな方ですが、努めて初対面の社員さんに会う時にはにこやかな表情で出迎えるようにしています。それが功を奏してか、「話しやすい、親しみやすい印象」を残せているようです。

社員さんの中には、病状や緊張も影響あるのでしょうが、無表情、相槌も少ないといった方もおられます。そのような時にはやはり、「ちょっと話しづらいな…」と私自身も思ったりしますので、できるだけにこやかにして、うなずきながら話を聞くようにしています。

それがクセになっているのか、内科外来でもそのような表情になって話を聞いているようになり、やはり患者さんが話をしてくれるようになったようにも思います。

もし「社員さんがあまり話してくれないなぁ…」とお思いでしたら、笑顔で出迎え、話に適宜うなずくようにしながら話を聞いていますとよろしいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医マニュアル
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました