頑固な上司・部下の説得方法は、SUBWAY(サブウェイ)に学べ

タイトルは、企業におけるメンタルヘルス対策のセミナーで話された内容の一部です。どのような意味だか、お分かりですか?

WS000000

2013年12月12日にふつうラボという企業が行っていたセミナー『うつなどのメンタル不調を出さないための新手法』に参加させていただきました。

講師は、椎名ストレスケア研究所代表・椎名雄一さん。不登校、そして20-30歳の間、うつ病を患われており、ご自身の体験を交え、企業におけるメンタル不調者対策について語ってらっしゃいました。

そこでは、「のび太はポケットを無くしたドラえもんを捨ててしまうのか?」といった話もされており、興味深く聞くことができました。

さて、頑固な上司・部下の方にどのように「イエス」と言わせるのか、そのテクニックが「イエスセット」です。

イエスセットとは、肝心な質問に「イエス」と言わせる前に、3度、別の質問で「イエス」と言わせておく、というもの。

実はこれを上手く利用しているのが、サンドイッチチェーン店のSUBWAY(サブウェイ)だそうです。

SUBWAY(サブウェイ)は、注文を行うとき、
・「パンは何になさいますか?」→客「ハニーオーツで」→「ハニーオーツですね?」→客「はい」
・「野菜は挟んでよろしいですか?」→客「はい」
・「ドレッシングは何になさいますか?」→客「シーザードレッシングで」→「シーザードレッシングですね?」→客「はい」
…のように、客に「はい」と答えさせる機会を多くしています。
結果、レジのところで「セットになさいますか?」と訊かれるのですが、そこで今まで「はい」と答えている以上、「いいえ」とは言いにくくなっている、といます。思わず、セットで頼んでしまう、というわけです。

このような「イエスセット」を利用すると、頑固な人の説得も、もしかしたら上手くいくかもしれませんね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。