年齢を重ねても目の健康を保つために気をつけたい7つのポイント

スポンサーリンク

年齢を重ねるとどうしても視力低下や老眼といった問題がおきてきます。それ以外にも、眼科領域の疾患のリスクはどうしても上がってきます。
images
そのような疾患予防のため、目の健康を保つために気をつけたいたい、7つのポイントを米国眼科学会(AAO)が「American Academy of Ophthalmology Urges Sight-Saving Habits for Older Adults to Help Maintain Independence」で掲載しています。

その7つのポイントとは、

1)65歳になったら、眼科健診を1-2年に一度受ける。
2)読み書きや運転、テレビ視聴などに支障が出る、物をなくす、物にぶつかる、足を踏み出すのを恐れる、何かを見る時に頭を傾げるといった、視力低下の徴候を知る。
3)眼の健康に役立つ栄養素(ビタミンCおよびE、亜鉛、ルテイン、ゼアキサンチンなど)を含む健康な食生活を送る。
4)たばこは吸わない。喫煙は白内障、加齢黄斑変性などのリスクを高める。
5)血圧、コレステロール、血糖を正常値に保つ。
6)定期的に運動する。
7)戸外では紫外線100%カットのサングラスを使用する。

以上です。

とくに、
・65歳になったら、眼科健診を1-2年に一度受ける
・ビタミンCおよびE、亜鉛、ルテイン、ゼアキサンチンなどを含む食生活
・禁煙
・血圧、コレステロール、血糖を正常値に保つ
は重要ですね。

ルテインを多く食品としては、ホウレンソウやケールなどの緑葉野菜、卵などがあります。ゼアキサンチンは、緑黄色野菜、とうもろこし、パパイヤ、マンゴーなどに多く含まれていると言われています。

他にも、生活習慣病をしっかりと予防することも気をつけたいですね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

未分類
産業医になろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました