年齢を重ねても目の健康を保つために気をつけたい7つのポイント

年齢を重ねるとどうしても視力低下や老眼といった問題がおきてきます。それ以外にも、眼科領域の疾患のリスクはどうしても上がってきます。
images
そのような疾患予防のため、目の健康を保つために気をつけたいたい、7つのポイントを米国眼科学会(AAO)が「American Academy of Ophthalmology Urges Sight-Saving Habits for Older Adults to Help Maintain Independence」で掲載しています。

その7つのポイントとは、

1)65歳になったら、眼科健診を1-2年に一度受ける。
2)読み書きや運転、テレビ視聴などに支障が出る、物をなくす、物にぶつかる、足を踏み出すのを恐れる、何かを見る時に頭を傾げるといった、視力低下の徴候を知る。
3)眼の健康に役立つ栄養素(ビタミンCおよびE、亜鉛、ルテイン、ゼアキサンチンなど)を含む健康な食生活を送る。
4)たばこは吸わない。喫煙は白内障、加齢黄斑変性などのリスクを高める。
5)血圧、コレステロール、血糖を正常値に保つ。
6)定期的に運動する。
7)戸外では紫外線100%カットのサングラスを使用する。

以上です。

とくに、
・65歳になったら、眼科健診を1-2年に一度受ける
・ビタミンCおよびE、亜鉛、ルテイン、ゼアキサンチンなどを含む食生活
・禁煙
・血圧、コレステロール、血糖を正常値に保つ
は重要ですね。

ルテインを多く食品としては、ホウレンソウやケールなどの緑葉野菜、卵などがあります。ゼアキサンチンは、緑黄色野菜、とうもろこし、パパイヤ、マンゴーなどに多く含まれていると言われています。

他にも、生活習慣病をしっかりと予防することも気をつけたいですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。