のび太はポケットを無くしたドラえもんを捨ててしまうのか?

タイトルは、企業におけるメンタルヘルス対策のセミナーで問われた質問です。果たして、どのような意味があるのか、お分かりでしょうか?

images

2013年12月12日にふつうラボという企業が行っていたセミナー『うつなどのメンタル不調を出さないための新手法』に参加させていただきました。

講師は、椎名ストレスケア研究所代表・椎名雄一さん。不登校、そして20-30歳の間、うつ病を患われており、ご自身の体験を交え、企業におけるメンタル不調者対策について語ってらっしゃいました。

その中で、タイトルのような質問がなされていました。
実は、これは”企業が社員に求めるモノ”を示しているそうです。

それぞれ何が何をたとえているのか、まずお示ししたいと思います。

・のび太=企業側
・ドラえもん=社員
・ポケット=機能、社員の働き

ということです。
つまりは、「ポケットを失ったドラえもん=メンタルヘルス不調者となった社員」ということです。果たして、のび太=企業側は、ドラえもんを捨ててしまうのでしょうか?

おそらく、アニメのドラえもんだったら、「ポケットがなくたって友達だ!」と言い切るでしょうが、現実世界の企業であるとそう言い切るのは難しいと思います。企業にとっては、経済活動を続け、利益を出さねば会社存続ができなくなってしまうので、働くことができない社員を雇い続けるのは困難です。

人は、成長するにつれ、「存在よりも機能」が重視されるようになっていきます。赤ん坊であれば、存在自体が意味あるもので、その働きが重視されることはありません。ですが、社会人になり、以降は社会の中で、もしくは会社の中でどのような働きをするかが求められる=機能のみが評価されるという状態になります。

ですが、そこで講師の椎名氏は言うのです。「自身が会社の中で要らない存在なのではないか、求められていない、と考えることでメンタル不調となる」のだと。

「存在を認めてあげて欲しい。君と働きたいんだ、と”存在”を認めてあげ、”病気が治った後に、また君と働きたいんだよ”と一言、伝えるだけでも意味があるんです。それだけでも救いになるんです」と。

ポケットを失ったら、もうドラえもんは用済み…というのでは寂しい話ですね。そして、メンタルヘルス対策が企業にも求められている現在、そのようなこともできなくなっていくと思われます。

人事担当や上司の方々は、機能だけでなく、その存在を認め、社員の休職・復職にあたっていただきたい、と講師の椎名氏は語っておられました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。