医師も採用面接で見られていますよ「コミュニケーション能力」-面接で好印象を残すための3つのポイント

東洋経済オンラインに、「面接を成功に導く「就活コミュ力」を上げる技」という記事が掲載されていました。

最近では、医師だけでなくコメディカルとも上手くやって、チーム医療の担い手となり得る医師が求められているという背景もあり、診療スキルだけでなく、「コミュニケーション能力」が大事にされています。

さてそこでですが、まず「コミュニケーションとはなんぞや?」という話になりますが、コミュニケーションには3つの要素があり、

1) 自分の意志を相手に伝えるスキル
2) 相手の意志を感じ取るスキル
3) コミュニケーションの環境を整えるスキル

がそろって「コミュニケーション能力がある」ということになるとのことです。「3) コミュニケーションの環境を整えるスキル」が少し分かりにくいですが、「初対面で緊張していて、上辺だけの会話になってしまい、何も印象に残らない」「相手にネガティブな先入観を抱いてしまっている」といったことがないようにする、といったことのようです。

ちなみに、
1) 自分の意志を相手に伝えるスキルについては、
・先に結論を伝えてから、補足情報や背景情報を話す。
・文章でだらだら話すよりも箇条書きでポイントを説明する。
・相手が知らない言葉や状況を話す際には、わかりやすい言葉やたとえ話に変換して話す。
・自分が面接中に特にアピールしたいことは感情を交えて一生懸命話す。

2) 相手の意志を感じ取るスキル
・相手の質問に応えるのではなく、その質問の意図に応える。
・相手の意図を汲み取れているか不安な場合は直接確認する。
・自分から質問する場合は、「意図」と「持論」を明確に伝える。

3) コミュニケーションの環境を整えるスキル
・自己紹介では、相手が会話のネタにできる情報を交えて話す。
・相手から否定的な意見をされた場合、すぐに反論しない。

といったことがポイントとして挙げられていました。これらをしっかりと
守れていれば、面接試験も上手くいきそうですね。

もし採用面接などについてアドバイスをもらいたいということでしたら、人材紹介会社のキャリアアドバイザーにご相談なさるとよろしいでしょう。

私個人の感想ですが、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア
のキャリアアドバイザーさんは相談しやすかったです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。