93.2%の卒後2年目医師が参加する新専門医制度、残り6.8%はどうして参加しないの?

m3.comの記事「卒後2年目の医師、93.2%が新専門医制度へ◆Vol.1」の中で、「新専門医制度の一期生に当たる医学部卒後2年目の医師296人を対象にこの2月から3月にかけて、新専門医制度に関する調査」した結果が掲載されていました。

結果、タイトル通り93.2%ものドクターたちが新専門医制度に登録したそうです。大半の先生方が登録されるなかで、6.8%は登録しないとのこと。

この数字を見ますと、一体、その少数派である6.8%の先生方はどのような理由で登録しなかったのか気になるところです。

記事によりますと、
・臨床を続ける上で、自分のキャリアプランに合わない(6人)
・大学院に進学(研究)(4人)
・希望プログラムに入れず、次年度を目指す(3人)
・臨床を続ける上で、専門医資格の必要性がない(3人)
・臨床以外の道を目指す(2人)
・専門医資格取得が困難(1人)
・1年留学をするから
・大学でのプログラムが卒後5年目から始まるため
といった理由で登録しなかったようです。

大別すると、
1)大学院、留学など学業のため
2)臨床は続けるが、専門医は不要
3)希望プログラムのために留年
といったことになりそうです。

医師としての生き方も多様化していますが、やはり専門医は欲しいというドクターが大半。その一方、少数派に上記のような理由で専門医プログラムに登録しない、もしくは登録は先延ばしというドクターもいるようです。

ただ、途中で専攻医を辞め、別の道を歩むのもいいでしょう。そういった選択をすることもまた正解だと思います。

もし民間病院や産業医への転職をご希望ならば、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア
などに登録して、新たな進路についてご相談なさることをオススメします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。